2009年 山行記録

道志の森キャンプ場(8:50)-ブナ沢(9:31)-ブナ沢乗越(9:50)-菰釣避難小屋(10:00-小休憩)-菰釣山山頂(10:36=昼食=11:30)-ブナ沢乗越(11:50)-城ヶ尾峠(13:00)-道志の森キャンプ場(13:50)

イメージ 7

-菰釣山 富士山-

今年最後の山行は天気予報も上々(我が長野BCは雪ですが・・・)との事で伊豆の天城山にでも行こうかと作戦を考えていた今週。ピコピコ・・・。地震速報・・・・。伊豆地方は今週に入り揺れ気味。・・ということで、前日の夜に予定変更。

いつも、コメント頂いているプーさんの滝雲に刺激され(最近、こんな動機での山行が多いのですが)、西丹沢の菰釣山に。

日曜の朝、いつもより早めの朝食をとり道志みちへ。
道志みちの駅で左折、道志川を渡り道志の森キャンプ場に(正確には、みちの駅脇の橋は工事中でみちの駅信号を2~3m過ぎたところに仮設の橋が準備されています)。

キャンプ場には、この寒さ(この時、氷点下4℃)にも関わらずキャンプ客が数組。我々も、早々に登山準備し登りスタート。今回、2週間前の三ツ峠で登山靴の性能の差(相方との)をみせつけられたので、昨日購入した登山靴のデビュー戦です。
イメージ 19

登山道は、まず、西沢にそった林道を登っていきます。
西沢には、所々に氷結が。林道も、セメントの様にガチガチ。
イメージ 20

30分程で林道は左折し西沢を渡りブナ沢に沿った林道へ。
イメージ 21

歩くこと10分程で、氷だらけになってしまった水場の隣にある登山口に到着。
いよいよ、これからが本番の登りです。
イメージ 1

一端は急な階段で高度を一気に稼ぐが、おやおや、沢に向かって下りていきます。
結局は、この殆ど涸れているブナ沢を登っていきます。前方には朝日で輝く稜線が。
イメージ 2

稜線に向けた直道登り道は、久しぶりの岩ゴロゴロ道。
今日の相方、調子が良さそう。常に前方を歩いています。中々、追いつけない。
イメージ 3

ブナ沢登山口から20分で稜線に。稜線は、東海自然歩道で風も殆どなく快適な登山道。といっても、周囲はブナ林なので展望は余り良くない。
イメージ 4

菰釣山避難小屋に到着。ここで、小休憩。
イメージ 5

ここから、山頂まで30分。
熊笹の茂るブナ林の中を徐々に勾配のきつくなる坂道を登っていきます。紅葉のシーズンは見事なのでしょう。この道筋は。
イメージ 6

最後の急坂を登りつめると、
オー、前方に大きな富士山が目の前に。
イメージ 7

今日も、青空の中、優美な姿を見せてくれます。
西方面には御正体山と今年2月に登った杓子山が遠望できます。
イメージ 8

この山の名前を見て読める人は僅かだと思います。私も、読めなかった口ですが、この名前の由来は何なのでしょう。
WEBで調べると、種々あるようですが、私は戦国時代に武田が小田原北条との戦にムシロ(菰)を釣って合図にした話が好きです。地理的にも、小田原は目の前です。今はブナ林ですが、当時はどの様な山容だったのでしょう。
山頂には、到着時に私達以外に二組だけで既にお湯沸してラーメンのニオイが漂っています。このニオイに躊躇わず早めのお昼ご飯に。
温かいカップ麺と食後のコーヒーを楽しみながらの富士山。至福の時です。
イメージ 9

イメージ 10

約1時間のマッタリトした時間をすごし、下山開始。下山ルートは、東海自然歩道を使い甲相国境尾根に沿って城ヶ尾峠経由でキャンプ村に。
ブナ沢乗越から先は相方の身長ほどある熊笹の中を進みます。
イメージ 11

進行方向左斜面が山梨・右側斜面が神奈川です。
熊笹を通り抜けるとブナ沢ノ頭に向けた急登。背後を振り返ると菰釣山に連なる稜線の背後に富士山が再び。
イメージ 12

ブナ沢の頭からは登ったり下ったりの稜線歩きが暫く続きます。歩いてきて気持ちの良い登山道です。
イメージ 13

ここで、トレイランナーに遭遇。GOALは、何と山中湖との事。
いったい、どこから走り始めたのだろう。確かに、走っても気持ちの良い道筋なのですが・・・。

城ケ尾山ピークでは、4月に登った大室山と
イメージ 15

檜洞丸と蛭が岳と思しき山々が。ブナ林越しに眺めることができます。
イメージ 14


城ヶ尾峠に到着。
イメージ 16


これからは北側斜面を下るのみ。
流石に、午後1時を過ぎ様としているのに登山道はガチガチ。霜柱も融けずサクサクのカロヤカナな音。
イメージ 17


直ぐに林道に出会い、後はダラダラと沢沿いの林道を下っていくのみ。林道の手前で、山頂で出会った千葉からのご夫婦に再会。今朝、5時に千葉を出発したとの事。私達の土地の利に感謝(5時は夢の中)。登山暦10年とのこと。新潟にも日帰り遠征する事もあるとの話。考えてみると八王子からは圏央道で新潟。長野BCからも、そんなに遠くないんですね。越後の山々は。来シーズンの参考に。登山を始めた切欠は、子供が大きくなったから。私達の10年後なのかしら?

13時50分、山頂から2時間20分でキャンプ場到着。
イメージ 18

好天にも恵まれた2009年最後の山行でしたが(多分)、1月の大山からの富士山から始まり今回の菰釣山からの富士山と、かつて、これほど富士山を見たことは無かったでしょう。来年も、元気で山登りが出来ます様に!!パンパン(手×手)!!

ところで、ニュー登山靴は問題なし。安上がりな足に感謝。

イメージ 1

 パノラマ写真好評でしたので、少し画像を大きくしてみました。
クリックしてみてください。

-三ツ峠からの富士山-
イメージ 1


御坂みち分岐(9:20)-三ツ峠登山口(9:36)-三ツ峠山荘(10:50)-三ツ峠山頂(11:05=昼食=12:05)-三ツ峠登山口(12:47)-御坂みち分岐(12:55)

週末の土曜日は生憎の氷雨。
出かける予定も無く年賀状の準備。
今年登った山々を素材にプリントアウトした後で明日は朝からお天気印の好天気予報!!
ターゲットは、富士山の展望台として有名な山梨県「三ツ峠」に登る事に。

遅めの自宅出発。中央道は相模湖から濃霧状態。
気温も下がっているので登山口まで車使えるか、少し不安。
河口湖ICから霧の河口湖大橋を渡り御坂方面に。
新御坂トンネルに向けた最後のへアピンカーブ前1kmから渋滞。
スリップ事故による片側通行でした。朝9時前で外気温は、まだ2℃。
次週に冬タイヤ交換の予定を少し悔やむ。

新御坂トンネル手前を右折し御坂みち(県道)に入る。
御坂トンネル手前のカーブを直進すると登山口ルートに入るのだが、すでに路上駐車も多数。駐車場もあてに出来ないと早くも観念し県道に戻り、空いた路肩に駐車。

三ツ峠登山口駐車場までアスファルト整備されている林道を歩いていきますが、アスファルトは凍結状態。路肩の落葉上を歩きます。
イメージ 2


結局、15分かけて登山口駐車場に到着。ここから標準タイム1時間30分。
イメージ 3


ここから登山道ですが、車も入れる荒れた林道です。
事前のWEB情報では降雪情報は無かったのですが、ミゾレ状の雪が凍りついた様な路面。
イメージ 4


高度を増すにつれ雪も多くなってきます。
今回、この状態を予想していなかったのでアイゼン等の準備はしていません。
何人かの下山者とすれ違いましたが、アイゼン装着者は半数くらい。
気をつければ何とか登れそうです。
イメージ 5


ベンチ付の休憩場所を過ぎると更に雪の量が多くなってきます。
WEB情報では、この辺りヌカルミで大変なダートな道でしたが、歩いて気持ちの良い白銀の道筋です。
イメージ 6


三ツ峠山荘と四季楽園の分岐を三ツ峠山荘方面にとり暫くすると稜線上の山荘手前の展望所に到着します。
風も殆どなく、雲ひとつ無い青空から太陽の光が富士山の白銀の山容を照らし出しています。
これまで何度となく見ている富士山。何度みても、この壮麗な美しさはなんでしょう。
イメージ 7


繰り返しますが、今日は、空に一遍の雲も無い上天気です。
イメージ 8


10分ほど、景色を堪能した後に、
三ツ峠山頂に移動します。
三ツ峠東面はロッククライミングの練習場となっている屏風岩です。
イメージ 9


四季楽園小屋に下りて登り返すと三ツ峠山頂になります。
イメージ 10


山頂への登りは階段上の登り道ですが、ここも積雪圧搾されて滑りやすい登りとなっています。山頂まで、あと少しです。
イメージ 11


11時05分山頂到着。休憩時間除くとほぼコースタイムの1時間半で山頂到着。
このアクセス時間で、この大パノラマを見ることができるとは!!感激です。クリックして下さい。
イメージ 12

昨日の雨で空気が澄んでいるのでしょう。
南アルプスから八ヶ岳・奥秩父に至る大パノラマです。

空の濃い青と富士山の白のコントラストが堪りません。
イメージ 13


今年登った編笠山・権現岳・阿弥陀岳・赤岳・来年にとっておいた横岳・硫黄岳。
イメージ 14


甲斐駒と左には悪戦苦闘した地蔵岳とザレ場の急登(積雪している様子)。
イメージ 15


狭い山頂でしたが、ゆったりと大パノラマを眺めながらの一時。
太陽も富士山山頂上に近づいてきました。
イメージ 16


1時間近くを山頂でパノラマを堪能し、下山開始。
稜線上の小屋は四季楽園です。後方に御坂山・黒岳でしょうか。
イメージ 17


下山時の登山道は、気温も上がり凍結箇所もかなり少なくなっていました。
それでも、所々路面がアイスバーン上の根雪になっている場所もあり、慎重に慎重に歩を進めます。ところが、相方は冬タイヤを履いている様に二人の距離は徐々に離れていきます。
原因は登山靴でした。
相方は今年の夏に買ったNEWシューズ。
この様な凍結箇所でもグリップが利く様です。

結局、50分で下山完了。朝方、凍結していたアスファルト道も乾いていました。

帰宅時に中央道から撮影した三ツ峠です。
屏風岩の絶壁が特徴です。
イメージ 18


今日は、トータルで3時間30分程のプチ山行でしたが、快晴・気温穏やか・風もなく絶好の山登りでした。
そして、富士山展望随一というだけあって、いつまで眺めていても飽きない景色でした。
ところで、年賀状は作成してしまったので、この富士山写真はお蔵入り?

イメージ 1

-裏高尾の柚子-



駒木野(9:50)-小仏霊園(10:40)-景信山(11:40=昼食=12:15)-小仏峠(12:40)-美女谷(13:30)-小原(13:55)-相模湖駅(14:20)

毎度の如く、毎金曜日に八王子に戻るわけなのですが、今週、私は甲府での飲み会、相方も八王子で友達と飲み会で二人とも家に戻りついたのは11時過ぎ。
布団に入ったのは当然ながらの午前様。明日は、家でユックリしていようと就寝。

翌朝、天気予報通りの快晴。
遅い朝食を食べながら、ふとTVでは高尾山レポート。
さすがに高尾山の人混みは・・・と思いながら、昨年食べた景信山の「なめこうどん」をふと思い出す。
朝食テーブルの前にいたBOBに裏高尾まで車で送らせる事で交渉成立。
本日の昼食は景信山に決定!!

駒木野でBOB運転の車からおり、テクテク裏高尾を小仏まで歩くことに。
今年の夏も2度歩いた道筋で、周囲の紅葉も色づき綺麗です。
イメージ 2


時折、小仏までのバスが通過します。本日は、2台運転です。
イメージ 3


小仏霊園のモミジ。長野BC辺りでは、モミジ少なく紅葉というよりも黄葉なのですが、高尾の紅葉は、モミジですね。
イメージ 4


小仏霊園と通過し、二度ほどヘアピンをカーブすると中央道小仏トンネル入り口上部に当たり少し歩いた場所が景信山の登山口です。景信山への最短コースです。
人が良く入るコースなので登山道もよく整備されており、気持ちの良い汗をかくことができます。
イメージ 5


小腹が空いてきた時間帯に景信山山頂に到着。
山頂南側のお茶屋前のベンチは既に4割近くの登山者でお昼タイム。
ベンチからの山頂南側の展望です。クリックして下さい。
イメージ 6

目の前の高尾山は本日もディズニー状態なのでしょうか。

目的の「なめこうどん」プラス「きのこてんぷら」 @500円也。
イメージ 7 イメージ 8
















食事の後で、東側に移動し都心方面を。クリックするとパノラマです。
イメージ 9

ズームアップすると新宿都庁ビルも遠望できます。
イメージ 10


午後の部は、今年冬のテーマ「古道歩く」で小仏峠から旧甲州街道で相模湖駅まで歩くことに。
小仏峠まで一気に駆け下り(トレイルランナーに少し煽られながら)相模湖への下山コースに。
イメージ 11 イメージ 12
















小仏からの旧甲州街道は流石に登山者にすれ違うこともなく静かなルートです。
イメージ 13


しかし、道筋と道標は、しっかりしています。
陽も少し西側に傾いてきましたが、時折のその陽で映える紅葉が見事です。
イメージ 14


30分程で車道に出て右折し中央道高架をくぐります。
イメージ 15

毎度、中央道でお世話になっている高架ですが、下から見上げると巨大な建築物に圧倒されます。
美女谷温泉との分岐をから、しばらく中央本線沿いを歩きます。
前方にピクニックランドの観覧車とその奥に石老山。
イメージ 16


底沢で国道20号線に出るとJR相模湖駅まで国道歩きです。
途中、国道の右側に旧い立派なお屋敷が小原本陣です。参勤交代での宿営地だったそうです。
イメージ 17


2時過ぎに相模湖駅に到着。
午後からは、空は曇り空に変わりましたが、午前中は小春日和の上天気。
目的である「なめこうどん」も堪能。疲労も殆どなく充実した秋の一日でした。

【丹沢山 山頂】
イメージ 1

秋の日差しを浴びながら昼食タイム。
山頂は、既に冬の装いです。後は、雪が降るばかりか・・・。
1時間の昼食休憩後、12時過ぎに下山開始。相方の足も、私の足も、なんとかなりそう。

ガレ場から再び天王寺尾根を見下ろす。帰りは、このコースを戻るか、前回使用した堂平・塩水林道コースをとるか、思案中・・・・。
イメージ 2


東方面には、丹沢団子三兄弟こと丹沢三峰(本間の頭、円山木の頭、太礼の頭)。
イメージ 3


ガレ場を下りきると登りの時に気になっていた白い傘。
種子捕獲用のネットの様です。
イメージ 4


堂平への分岐に到着。
結局、林道歩きは長いが、周囲の紅葉を眺めながらのテクテク歩きも良いのではと堂平に下りることとしました。
イメージ 5


分岐直後の急な階段上の坂道は、枕木が崩れて、非常に歩きづらかったものの、直ぐに九十九折の坂道に変わり、比較的歩きやすい下山道です。
下山途中で発見した「さるのこしかけ」と思しきキノコ。
イメージ 6


堂平沢の防砂提には、昨年見た大岩が、まだ、残っています。
イメージ 7


山頂から1時間20分、ほぼコースタイムで林道に到着。
地図上ではワサビ沢ルートで林道ショートカットのコースがありますが、急坂の様なので、テクテク林道歩きを選択。
林道には落ち葉が、周囲は紅葉に彩られコースタイム1時間25分の長い林道ですが、足に余計な神経を取る必要もなく、リラックスぶらぶら旅です。
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

とぐろを巻いた様なモミジ。
イメージ 11



約1時間程で朝の天王寺コースと合流。橋を右に曲がると天王寺尾根コース、左に曲がり5分程で塩水ゲートに到着です。
イメージ 12


ゲート到着。林道終盤で少し腰にきましたが、何とか二人無事に到着です。
イメージ 13


丹沢山-天王寺尾根コース、
前回登った昨年6月と比較すると登山コースの整備が進んでおり、とても歩き易いコースとなっていました。天王寺尾根は広い尾根で時折コース取りを迷うこともありましたが、目印がしっかりしており、迷いこむことは有りませんでした。
また、山頂近くの木階段も、以前より延長されており(一部、工事中でした)、感謝感謝です。

おまけ!!
とっこさんが見に行きたかった堂平のブナ林は落葉していました。
イメージ 14

↑このページのトップヘ