緊急事態宣言・・とても、5/11までに沈静化しないと思っていたけど5月末から更に6月へと。

そんなどうしようも無いときには、一目を避けながら
この5月は、2年前から恒例となった紅花山芍薬の開花調査で、凝りもせず4回も奥高尾を歩いた。
なぜ、開花調査?
  昨年、一昨年と5月3週から4週のかけての開花。今年の桜の開花時期を初めてとし春花は一週間ほど前手繰りで咲いている。これは紅花も・・と気になりだしたら、行動に。

備忘録的にかいたコロナ禍の5月山行記録です。・・・・とかなとかするうちに6月も中盤ですが。

 5月6日(木) 
会社の5月連休は前日の5日まで。
ところが、昨年末にGWはコロナ禍を一段落しているだろうと田舎に帰ることを前提に5/6~5/8まで計画年休としてしまった。長大型連休だったのに・・・。相方は、連休明けの出勤で自宅に独りぼっちいてもしかたないので、紅花山芍薬の成長具合でも確認にと高尾山に。
もうひとつ、新しくできた6号路の木階段と山頂のオリンピックマークシンボルも目的のひとつ。
高尾山山頂の人出は想像したよりも多くなく初めての五輪マークの写真が撮れました。

今日の目的は・・ここでなく奥高尾の秘所。
すると、今回初めて山芍薬の花を観ることができました。その傍らには、一昨年は終盤だったすずむし草も。目的として紅花山芍薬は小さな蕾。山芍薬の開花から約2週間遅れる様なネット記事もありましたが開花時期に気になります。→ そんなことで5月は毎週の様に高尾山に。
写真1

 5月8日(土) 
 今日は、一昨日観た山芍薬の花を相方にもみせようと・・・日影から奥高尾に入山。
 ところが・・白花は落花。芍薬の花の開花は3日間といわれますがタイミングが難しい。
210508-095624

 紅花山芍薬の蕾は、大きな変化なし。
 210508-092832
小仏城山から下山口は大垂水峠。
相模湖発の神奈中バスを復路に利用する計画。
そのルート上で発見したヒメハギ。
210508-110337

そして、大垂水峠近くの沢に
 ゴリを発見。東京にもいるんだ~。
210508-114213

 田舎では、子供たちが夏になると良く捕ったものだ。我が家の息子たちの夏の思い出の一ページ。

大垂水峠 12:01発の神奈中バスで高尾山口に。この日の昼食は、栄茶屋でお蕎麦。
高橋屋の蕎麦も良いけで、こちらも中々のものでした。
210508-122826

 5月9日(日) 
 長い連休も、今日で終わり。
 天気も良かったので、城山湖に車を駐車し
 南高尾山稜にハイキング。フクロウのトーテムポール広場には、休息用のテーブル・ベンチもあり休憩ランチに最適な場所。眺望は無いですが緑の林を吹き抜ける風、小鳥の囀りだけでも気持ちが和みます。今日の目的は、ここでサイコロステーキランチ。
210509-122052

写真 2021-05-09 15 18 51

最後のテント泊は、いつだったろう。はるか昔の様に感じる。
押し入れから取り出したフライパン。久々の出番だ。山で食べる肉は・・・旨いな~。

・・・明日から、仕事だ。

 5月15日(土) 
 この日も、紅花山芍薬調査ハイキング。
 今日のルートは、前回の逆ルート。
 大垂水峠から小仏城山、そして日影に下山。

 京王線ポスター気に入った。花ちゃんから、清原果耶さんへ。高尾スミレのイメージにぴったり。
 高尾山のベストシーズンは春・夏・秋・冬。このキャッチコピー!! 気に入った。
210515-100029
 今日は、高尾山口駅から神奈中バスに。満員御礼。立ったまま、大垂水峠に。マイナーなルートなのに、この乗車率は凄い。

 そして、紅花山芍薬は、少し先端に赤みが。
 開花は・・一週間後とみた。
210515-114816
下山は、日影の破線ルートで。
 黄いちごを食しながら・・
ところが、日影のバス時刻をみて
 残り10分。そこから、山を駆け下りてバス停に。
 このバスを乗り過ごすと、最寄りの駅での乗り換えの関係で一時間以上遅くなる。
 久々に山を走りました。
210515-125416



 5月23日(日) 

 何回か通った5月の紅花山芍薬@奥高尾。
 先週の感じであれば、この日には紅花が開花しているだろうと、山友のめぐみさんご夫婦と
 前回と同じく、大垂水峠から山に入った。

 結果は、若干早かったかな・
 それでも、開花し始めた紅花山芍薬を観ることができた。
 結局、今年の山芍薬は例年よりも数日早いくらいの開花だった。
紅花山芍薬

帰路は、6号路からセッコクの花をみて下山。
やはり、自宅のセッコクと違って
花の勢いが違うな~。
色も薄紫色や、ピンクがかったものもあり美しい
誰にも手出しができない高所。森の神秘の花だ。
スクリーンショット 2021-06-19 093409

 石斛といえば
 この6号路が有名なんだが
 FB情報では
 薬王院参道の天狗腰かけ杉の高所にも、あるようだ。
 来シーズンは、そちらも眺めてみたい。


5月の奥高尾山行
 駆け足で紹介しました。