2018年10月


この2018年10月
我が家では色々とあって
その中で
一番の出来事は
次男BOB次女誕生!!

長女SARAちゃんもお姉ちゃんになっちゃいました。
次女の名前はSANAちゃん
早く二人で遊べると良いね。
イメージ 23

そんな孫達の健やかな成長を願って

開運の山「三つ峠山」に
登ってきました。

達磨石からの比較的ハードな登りルート
以前にも同じルートを登っていますが
早いもので7年たってしまった。
この時のレポ↓


いこいの森PAは
朝の7時到着時にトイレの上の段の駐車エリアは
満車状態。
その駐車エリアの道を挟んだ反対側に駐車ができましたが
皆さん、出足がはやいな~。



 7:36 達磨石登山口      


いこいの森から車道を登ること
約15分程で達磨石登山口

この登山ルートは
表三つ峠山ルートと呼ばれ
登山口にある達磨石など
ルートには修験道の歴史を感じさせる遺跡が残っています。
この達磨石に刻まれている文字は梵字で
「アーク」と読み
大日如来を意味しているとのことです。
イメージ 1

ここから山頂までは標高差約900mの登りですが
これが以外にキツイ。

登山口から、まだ紅葉には早い樹林帯の中の直登に近い登りが続きます。
明るい森林のなかの歩きは心地良い。
しかし、それもつかの間
額から汗が流れ落ちはじめます。
イメージ 2


 8:10 股のぞき      
登山口から35分ほどで植生が松林に変わったポイントに
股のぞきの松
イメージ 3

股の間からは
この日の天気を約束してくれる様な
青い空を背景にした霊峰白富士の眺め
イメージ 4

先週来の寒波で富士山も冬支度。
富士は白峰がやはりいいなぁ
イメージ 5

股のぞきからは、
比較的 傾斜の緩くなった登り路と
覆いかぶさる様に色鮮やかに黄葉した林の登りが連続して続きます。
イメージ 6

 8:30 馬返し      

連続した登りから
斜度が緩くなった広い尾根筋にたどり着くと
ここが馬返しの指導標。
登山口からも1時間位の場所で
休息用のベンチもあり
イメージ 7

そして
霊峰富士はクリアに眺めることができます。
ただ。
右手から怪し気な雲が近づいてきています。
この日は、富士の全容を拝めたラストのシーンとなりました。
イメージ 8

馬返しから先は
露岩もむき出しとなった本格的な登山道に変わります。
そして、標高も高くなるに従って
登山道周辺の木々も鮮やかな彩りに。
イメージ 9

イメージ 10

 9:16 八十八大師     

あ~、キツかった。💦
息が続かず
相方さんに先に到着してもらった八十八大師。
ここで、10分ほど休憩。
イメージ 11

ここも、富士山が展望できたのかな、
ベンチの前の樹木は切り払いされて展望は良いのだが
肝心の主役がいないことには~。
イメージ 12

休息していると
太陽も雲の中に隠れてしまい
薄ら寒くなってきた。

ここからは多少の登りはあるものの
開運山の西側斜面をトラバースするコースに変わります。
前方には開運山のむき出しになった岩稜、その岩稜部の下部を進みます。
イメージ 13

時々、雲の切れ間から日が差し
秋の装いを際立たせる。
イメージ 14

 9:41 屏風岩      
クライマーのメッカ
屏風岩に辿り着いた。
既に何組かのパーティーが岩にとりつき
クライミングのトレーニング中
イメージ 15

屏風岩の下を通過し
半分、崩壊した様な階段状の登っていくと
今は営業していない富士見山荘に到着。

そこから、山頂までは直ぐなんですが
冬場には泥だらけになる坂道は
階段工事中。
この日は迂回路経由で山頂に向かいます。
イメージ 16

 10:06-10:43 三つ峠山山頂      

登山口から2時間30分で三つ峠山(開運山)山頂に到着。
お天気が良ければ
逆光で真っ暗になってしまう石碑に彫られた文字も
この日は、明瞭。
イメージ 17
そんなお天気でしたが
幸いにも、この日の山頂は
ほぼ無風の状態。

富士山方面は視界不良の眺望も
南アルプス方面は、アルプスの稜線もクリアで
イメージ 18

少し、雪をかぶった
白根三山も遠望できた。
数年前に登って以来、足が遠のいている三山。
次に機会を得るのは何年後?
イメージ 19

山頂でカップ麺とお握りの定番ランチと
コーヒーを飲むと
下山開始。

再び、屏風岩の下を通過。
午前中よりクライマーの人数も増えてきた様だ。
なかには、強者のおばちゃんもいたり
年齢幅は以外に広いなと感じた次第。
・・・自分?・・・無理無理。
イメージ 20

午後近くになると
陽も高くなり、下山路の紅葉も
輝きを更に増す。
イメージ 21

 12:12 達磨石登山口      

山頂から1時間半で登山口に戻ってきた。
かなりのスピードで下山できた理由があって

八十八大師から
私達の先を歩いていたソロの女性登山者と
相方とのチェーシングが、その原因。

相方が後方から近づくと
ピッチを早め・・・距離が空く・・・中々抜けない。

でも、股のぞきでピットインした女性登山者を
置き去って、先に歩いていると
今度は逆に後方から・・ひたひたと迫ってくる。

イメージ 22

結局、憩いの森PAの手前で
再び、抜かれてしまい
そのまま、彼女は・・三ッ峠駅方面に去っていきました。

健脚女子、恐るべしです。


先週、赤ちゃんも退院し
SARAお姉ちゃんは、保育園から帰ると
赤ちゃんのベッドにまっしぐら。

すっかり、お姉ちゃんらしくなってきました。

長男の孫(男の子)と次男の二人の孫姉妹の成長を見守るためにも

ジジババ・・・元気に山登りを続けなきゃ!!




湯の平分岐から火山館からの本道に合流。
暫くは、緩い傾斜の登りがつづく。
ここで一気に浅間山荘からの登山者も多くなり
登山道も賑やかになってきた。
イメージ 1

 8:15 賽の河原分岐      
湯の平から約15分で前掛山への登山道との分岐にたどりついた。
9月から規制解除になったばかり、
でも、少し不安を感じながら登りはじめる。

イメージ 2

登り進むと直ぐに黄葉したカラマツの低木から
次第に火山礫のザレタ斜面に変わる。
先ほどの分岐から山頂まで標高差400mの上りが続く。
イメージ 3

この時間帯で、すでに前後に登山者が多く
ヘルメットを着用したかたもチラホラ。
遮蔽物もない・・
ここで噴火されたら・・なんてことを
考えならが登り進む。

しかし、景色の変化も少ないタダの単純な登りが続き
唯一の変化は後方の外輪山の景色。
外輪山との高さを比べなら登った高度が確認しながら進むが。
その外輪山もガスに覆われて
その全貌をみることはできない。
イメージ 6

次第に傾斜がきつくなり、息も荒くなってきた。
この時間帯と歩いた累積標高が、今年の私の鬼門。

先月に天候不良で中止となった㊙富士山計画への参加を表明していたが
今や、2~3年前に体力の半分もない自分にとって
無理だよな~途中棄権だったかな。ここで息がきれていたのでは・・・。

変化がないのは前方を歩いている、この方ぐらいか。
ペースが落ちることもなく
淡々と進む
イメージ 4

 9:11 立入禁止告知板      
もう限界かな~と、思ってたとこに
浅間山本峰への立入禁止告知板の休憩ポイント。
進路は、右手の前掛山の稜線に続くが。
告知板前で5分ほど、休憩をさせてもらった。
ここからも見える
前方稜線の左奥の頂上部が前掛山。
イメージ 5

その稜線を一瞬にして真っ白に覆ってしまう
様な早い霧の流れ。

ここまでと比べものにならない位に
風が強そうだ。
フード付の上着で完全武装し
2基の避難シェルター横を通過し
稜線に向けて登る。
イメージ 7

ガスが抜ければ佐久や小諸の麓の景色が広がるベストビューポイントなんですが
この天気は残念。
イメージ 8

 9:37 前掛山 山頂      

車坂峠から約3時間半にて前掛山山頂に。
ものスゴイ強風で
山頂標にタッチして直ぐに折り返し。
イメージ 9

下りてくる途中で
一瞬、ガスが抜けた浅間山本峰が見えた。
ほんの一瞬です。
イメージ 10

時刻も早く、とても浅間山上部では
落ち着いて食事もできないので早々と撤収。

立入禁止告知板から下りると
風の通り道が外れて
漸く、落ち着いて歩け
そして、登りでは余裕のなかった賽の河原か外輪山を眺めながら
下りていきます。。
イメージ 11

そう、この日の後半戦は、
右手眼下に広がるゴツゴツとして岩稜の壁からなる
浅間山外輪山。
その山裾野には広いガレ場がひろがる。
ここが賽の河原
イメージ 12

時折、雲の合間から太陽ものぞき
カラマツの林を黄金色に変化させてくれる。
イメージ 13

標高が下がってくると
賽の河原からのJバンドの薄らとした登山路が視認できる様になった。
その取付きのポイントでは登山者の姿も
(本日のランチは、ここに決定!!)
イメージ 14

 10:38 賽の河原分岐      
分岐ポイントに戻り
賽の河原へ向かう路が
途中から黄葉したカラマツの林の中に突入。

イメージ 15

次第にカラマツも低くなり
前方には荒涼とした外輪山の岩壁が行くてを塞ぎます。
イメージ 16

 10:52-昼食-11:10 Jバンド取付きポイント(賽の河原)      

浅間山からの下山路でみつけた昼食ポイントで
適当な岩に座りこみ、本日初めてのロング昼食休憩。
つい、先ほどまでいた前掛山には
蟻さんの様な長い登山者の行列が連なっています。

そして、この賽の河原の景色も
日本の景色とは思えない眺めです。
イメージ 35

昼食中にも、続々とJバンドを登山者が下りてくる。
この人達は、この後に前掛山登って
草滑りも登り返すのか・・・草滑りの登りは無理だな~。

20分程の竜食休憩の後に
Jバンド急登に取付きます。

この夏にお一人、このJバンドから滑落遭難してますので
落石と足元に要注意。

イメージ 17

ところが、この急登を登り初めて
昼食を取りすぎたのかお腹が苦しくなって
相方さんとの距離が広がっていきます。

ルートは九十九折れながら高度が高くなり
最後の岩場のところで左手に岩壁を切り開いた様なルートで
岩壁下を斜め上方に向かって横切ります。
ここが核心部分の様です。
イメージ 18

先行で登り切った相方が
撮影した苦悶の顔で
稜線に這い上がった私。
マジにしんどかった。

後方の岩稜ピークが鋸岳
今回はパス
イメージ 19

外輪山稜線にから
その先には更に一層濃くなった霧。
ここから黒斑山・トーミの頭まで一望できるはずが今日はお預け。
この展望の良い稜線歩きも
本日の楽しみの一つだったのに・・・
イメージ 20

浅間山の上部のガスは少し薄くなってきたようです。
山腹中央部に右下から左上に斜めにある筋が登山道です。
その筋の先が稜線部とぶつかった箇所から右手の稜線を進むと
その先が前掛山頂上となります。
ここからみると噴火口の周辺を歩いている様ですが
この辺りの解説は後ほど
イメージ 21

微生物サイズの登山者が前掛山に向かう稜線を歩いています。
イメージ 22

 12:00 仙人岳      

仙人岳まで登ってきて
本来の体調に少し戻った感じ。背景は真っ白。
イメージ 24

蛇骨岳に向かう稜線も真っ白
イメージ 25

相方が立山の雄山から別山への稜線歩きに似ているね・・と。
そう、あの時も後半はガスっていたかな。
イメージ 23

蛇骨岳は、賑やか。
多くの登山者がここでランチタイム。

蛇骨岳からピストンで戻る人たちなのだろうか。
それとも、この時間帯であれば前掛山へいっちゃうのかな。
イメージ 26

蛇骨から黒斑の夏道は初めて
このルート、ところどころで
浅間山側の展望の良い箇所があるんですが
残念だな~。
黄金色の裾野が眼下に広がっている・・・想像の扉をあけよう!!
イメージ 38

と・・
前方を歩いていたグループからの歓喜の声
「裾野が少し見えてきた!!」
リーダらしき人が
「これを見せたかったんだよ~」

カメラを向けた時には、既に遅きに失したのですが
先ほどまで真っ白だった
ここまで歩いてきた外輪山の稜線が薄らと見えてきました。
イメージ 27

前方の黒斑山も姿を表わしてくれています。
イメージ 39
この先は、針葉樹林帯に入り
黒斑山頂までは展望無し。
山頂での展望は、どうなんでしょう。

 12:54 黒斑山      
仙人岳から1時間で黒斑山
期待した浅間山の展望は、この通りです。
イメージ 28

黒斑山からのトーミへの下山路も外輪山の外側を進むので
展望ありません。

草滑りへの分岐に約6時間ぶりに戻ってきました。
ここまで来れば、浅間山への展望は効くはずです。
前方にはトーミの頭も見えています。

イメージ 29

黒斑山から、ここまでの数十分の間に
ガスもぬけて湯の平から賽の河原までのカルデラが
一望できる様になったきました。
イメージ 40

今朝、白いベールの中を歩いた草滑り・・
こんなの登れないよ~。
本日のコース選択は成功の様です。
イメージ 41

 13:05-13:20 トーミの頭      

さて、浅間山の裾野は眺望がきく様になったのですが
肝心の浅間山は・・・・。
時間帯も少し余裕があるので、ここで少し待ちます。
イメージ 30

すると、こうち隊の粘りに
敬意を示してくれたのか、
チラミしてくれました。
浅間山。

この後で、直ぐに真っ白に。
イメージ 31

今朝、観れなかった
火山館方面と剣ヶ峰
陽が差し込むと景色も一変しますね。

今日一日、
晴れ間では経験できない自然風景の陽と陰の変化を
味わえたことが収穫でしょうか。
イメージ 32

復路は、中コースで一気に車坂峠に下山。
途中の展望ポイントで
水ノ塔と篭ノ塔を遠望する。
あちらの紅葉は、どんな様子でしょうか。
イメージ 33

長い一日も
最後は平和なピクニック道をテクテクと峠にむかう。
イメージ 34

 14:03 車坂峠 ゴール      
約8時間で車坂峠にもどり
この日は、
ここ高峰高原ホテルの温泉(800円 フェースタオル付)を利用しました。
今回初めての温泉利用でしたが風呂場からの展望が良い
GOODな温泉でした。
イメージ 36

入浴場近くの浅間山航空写真から
前掛山の位置関係です。
中央の噴火口付近は立入禁止域で
最近まで噴煙を上げていた。
前掛山は内側外輪山。
外側の外輪山の最高峰が黒斑山となる。
イメージ 42

風呂上がりのサッパリした身体で帰路に
「下りたら晴れる」の法則通り
上信越自動車道にのると
やはり、浅間山も、この法則のとおり。
この日のヤマレコの遅い時間帯の記事では
素晴らしい写真が掲載されていた様ですよ。
しゃくなので・・・見ていませんが。
イメージ 37

本日の登山ルート。
前掛山には浅間山荘から直接に登るルートもありますが、
今回のルート景色の変化が多いので
良いコースだと思います。
外輪山の眺望も心残り、いつか再び訪れることもあるかな。

イメージ 43



おつかれさまでした。











今年の体育の日、三連休。
その中日の晴れ予報を信じ(2週間前の唐松岳に味をしめて)
規制が解除された前掛山に登ってきた。

前日の夕方に自宅を出発し
7時に
「道の駅 みまき」に到着。

この道の駅には、御牧の湯とお食事処も併設しており
車中泊にベストな条件。

入浴料も大人500円とお手頃なんです。

入浴は午後9時までなので注意してください。
また、お隣の食事処・御牧苑は8時30分まで。
午後8時がラストオーダーです。

そして、この日に無性に食べたくなったカツ丼。
生ビール飲みながら、この肉厚のカツを堪能しました。
イメージ 1


翌朝、眼が覚める前の小諸の市街を通りぬけ
チェリーパークラインを車坂峠に。

二年前のクリスマスに黒斑・蛇骨に登って以来。
あの時にはアウタージャケットを浅間山荘に忘れて
このパークラインを何度も往復。
今回は・・・・。



この日の前掛山ルート
通常であれば浅間山荘から火山館経由の前掛の往復ピストンなんですが
今回は、車坂峠・トーミの頭・草滑り・湯の平・前掛山・賽の河原
そして、Jバンドを登り
浅間山の外輪山を周遊するテンコ盛りのコース選択。
これも、晴れ予報を信じての選択だったんですが。

午前5時半に高峰インフォーメーションセンター駐車場に到着。
この時には、霧で真っ白っでしたが
高峰高原ホテルの外トイレで要を済まして外にでると
どんどんとガスが抜けてきます。

秋の朝は霧の発生は当たり前のこと。
そして、何より
今日の天気は晴れ予報。

イメージ 2

その予報を信じて
車坂峠を重い足取りで出発

 6:03 車坂峠 出発      

登山口から車坂山への登り。
秋のシーズンは初めて
黄葉のカラマツの林も初体験。
とっても!! 残念なお天気です。
イメージ 3

小諸の街は
秋晴れの良い天気なんですがね~
イメージ 4

車坂山からの下りは、いつも
復路には使いたくない程の急坂。
この坂を下り切ったところで
一枚服をぬいで体温調整。
ここから、
コマクサ展望台まで一気に登れる距離。

そして、展望台で水飲み休憩。
ここからは遠望できる
水ノ塔、篭ノ塔にも頂上部には厚い雲が漂う。
更に
遠くの北アルプスにも厚い雲が稜線を隠してしまい
この展望ポイントの魅力を発揮できない
この日の天気でした。
イメージ 5

展望台からは、樹林帯をぬけて
標高を稼いで進むと
積雪時期には歩き易い木階段道が
難所ルートに変わっていました。
いつまで続くってくらいに長い階段みちで
ここで、体力を無駄に消費。
イメージ 6

避難ドームを通過し
その裏手に上って下ると
いつもなり絶景を見せてくれる「槍の鞘」・・のはずが。
今日は、真っ白で何もみれず。
イメージ 7

 7:15 トーミの頭      
そのまま下り
中道との合流ポイントから
トーミの頭への登り返し。
登った先の大展望も望めず、テンション上がらず。
イメージ 8
↑ 一応、ポーズ!!・・は、しときますか・

さて、このトーミの先の分岐ポイントから草滑り。
初めてのルートで期待感100%。
ここから一気に300mを湯の平に下っていきます。
イメージ 9

ガスで幻想的なトーミの頭のスパッときれた崖に沿う様な
熊笹で覆われた急坂。
ふみはずと一気に文字通りに草滑り。
無事でおれないでしょうけど・・
イメージ 10

標高もさがり
真っ白な霧の世界に突入。
イメージ 11

とすると・・・
暫く下ると
下っていく方向に
突如、現れたカルデラ草原。
映画の大型スクリーンが突如あれわれた感じ。
イメージ 12

更に標高が下がると陽も射し始めた草原と霧が
素敵な景観をつくりだす。
勿論、山はピーカン青空がベストですが
時々刻々と変化する山の姿、
これも一興ですね。
イメージ 13

浅間山と剣ヶ峰の合間にのぞかせた青空から
降り注ぐ様な朝日で
黄銅色から黄金に変化するカラマツ
イメージ 14

その陽射しも届かない
外輪山とJバンド・賽の河原の色着いた裾野
イメージ 15

光が織りなす情景の変化に
しばしウットリさせてもらいました。
イメージ 16

草滑りも下り切ると前方には
雲を被った浅間山。
イメージ 17

そして、下った草滑り左手の岩稜部も
様々な彩りの木々が豊かな眺望をなしてくれる。
イメージ 18

でもね・・・・、これ下りだったんで
これらの景色を楽しめたんですが
ここの登りは身体が受け付けてくれなさそう。

 8:00 湯の平分岐      

稜線分岐から30分ほどで湯の平分岐に到着。
この分岐を右手に進むと約4分で火山館。
前掛山には左手を賽の河原方面に進みます。
イメージ 19
















↑このページのトップヘ