昨年の初冬、今年の初夏と
味をしめた天空宴の会 

12月10日 小春日和の高尾山に再び
山友さんが集いました。

今回のメンバー

こうち隊
ひらさん&レンレンさん&ゆうこりん(長野隊)
おっくん
tanmaさん
ぐっちーファミリー(ぐっちーさん、パパ、ゆううちゃん)
 & むろさん(友人)
トレの兄さん
るびるび隊&お友達

総勢15名のメンバー構成。
おや? 誰か足りませんね???

今回の会場は、奥高尾-一丁平園地
富士山展望デッキもあり、近くにはトイレも
過去2回のお茶屋さんも良かったですが
今回は新たな企画です。

課題は、場所取り。
お茶屋さん会場では事前に連絡しておけば
場所を確保できますが
一丁平・・・早いもの勝ちです。

ということで
今回は、場所確保任務の先発隊
大垂水峠から一丁平へのショートカットルートをつかう
後発隊とに分かれました。

先発隊は、鍋道具などの器材一式
後発隊は、食材という担ぎ上げ分担です。


 7:42 高尾山口駅 出発 
先発隊は
ひらさん隊長の長野隊
秩父から、おっくん
地元隊、tanmaさん&こうち
総勢6名

イメージ 1

ひらさん、長野市在住なんですが
冬になると南下し
この季節から高尾山はテリトリー範囲。

登りは定番の稲荷山ルートなんですが
「明るいうちに登るのは初めてかな~」
そう、ひらさん
冬はシモバシラ氷華鑑賞で
冬には夜明け前にいつも登っているんですね。
私も何度かお付き合いしました。
イメージ 2

お稲荷さんに安全登山と
宴の成功を祈念しました。
それにしても、鳥居の柱・・ボロボロです。
登山道は年々良くなるのに
こちらにお金は廻ってこない様です。
お稲荷さんなのに・・・
イメージ 3

気温は寒すぎることもなく暑すぎもなく
適当な寒さで軽快な会話とともに
快調に歩を進めていきます。
イメージ 4


 8:23 稲荷山東屋 休憩  

稲荷山コースの休息ポイント
夜明け前では、ここから都心の夜明け前の夜景を
遠望できるのですが・・・
イメージ 5

今日は、霞んだ都心の高層ビル群
摩天楼・・っていうんだっけ。
イメージ 6

東屋で小休憩し
更に歩を進めます。

ひらさん、3週間空いたとは言え
絶好調です。

今年、暖めていた超ロング山行計画が諸事情で
来年に・・・
・・・パワーが余っています。
イメージ 7

6号路からの合流ポイントを過ぎると
杉の木立の間から
雲一つなり霊峰富士
イメージ 8
長野隊にとって、生活の中で観ることが出来ない
富士山は格別のものがある様です。

そして、高尾山頂直下の
長い階段~
イメージ 9
・・・を登り切ると

 9:10 高尾山頂  

期待通りの霊峰富士!!
久しぶり、こんなスッキリした霊峰富士
イメージ 10

そして、日本で一番有名な高尾山頂標にて
レンレンさん「後ろ姿がセールスポイントなんで」
後ろ向き集合写真と振り返りポーズ
イメージ 11

ならば、リクエストに応えて
男前な立ち姿「レンレンさん」
イメージ 51

レンレンさんの視線の先には
湘南の海岸線と江の島
イメージ 52

山から海が見えるのも
高尾山のGOOD POINT

時刻は、9:30に。
一丁平園地・・そろそろ混み始める頃なので

ここで ひらさん&こうちが
先発隊の場所取り班で他のメンバーから離れ
先行。


残ったメンバーは、もみじ台に
イメージ 12

そして、もみじ台からの富士山
イメージ 13

 9:50 一丁平  

場所取り班の二人組
念の為にシモバシラ氷華の観測ポイントをチェックしながら先行。
生憎、この日は気温が高くハズレ日でした。

一丁平 トイレ周辺のテーブルは
冬の時期には日影になってしまい肌寒い
樹の根本には、いつ降ったのか知りませんが
薄らと積もった雪もとけず、寒い環境です。
イメージ 53

一丁平 展望デッキ・・・富士山は、お見事な姿。
イメージ 14

そして、お目当ての場所は
東屋の傍のテーブル。
先週の下見でチェックしておいたポイントです。
陽当たりもよく私的にはベスト選択(自画自賛)。
イメージ 15

 9:50 高尾駅停留所  

この頃、後続隊は高尾駅停留所に集まっていました。
普段は乗車しない神奈中バス「相模湖駅行き」
総勢9名。乗り切れるか?
イメージ 16

場所取り班がテーブル確保し
約20分後に先発隊の後続メンバーが到着。
レンレンさんとゆうこりんの後ろ姿に
富士山もボケ気味。
イメージ 17

そして、テーブルに到着!!
この時、ひらさんのワインを既に頂いてました。
イメージ 18

信州の赤ワイン
この後も大活躍。
イメージ 19

そして、おっくんからも
秩父の梅酒を提供頂きました。
天然の冷蔵庫・・新しい発見。
冬は、木陰が冷蔵庫に早変わりです。
イメージ 21

酒の妻 秩父名産「しゃくし菜」
シャキシャキとした食感の旨い漬物でした。
イメージ 22

すると、tanmaさんが
何やらコソコソと・・・期待していい?
イメージ 20

何を食べているんだろう~
イメージ 23

ウインナーとチーズポンジュ
お洒落な一品をさりげなく料理するtanmaさん
長野隊女子からはtanmaさんご使用の
いかにも使い込んだ
綺麗に手入れしている玉子焼き器に
絶賛!!
良いお婿さんになれるよ~、絶賛募集中。
イメージ 24

 10:40 後発隊 大垂水峠に到着  

定刻から15分程、遅れて後発隊
大垂水峠に到着。
甲州街道を200mほど峠に向かって進み
陸橋への階段を登ると
高尾山、小仏城山への取付きポイント
陸橋を渡ると南高尾縦走路。
高尾山口駅まで稜線にそって歩くルートです。
イメージ 25

後発隊、御一行は
一丁平まで30分程のショートカット行程を進みます。
一丁平への分岐ポイントから
尾根筋を登るのみ
イメージ 26

こちら
待ちくたびれた先発隊レンレンさん
お出迎えに~

するとドンピシャのタイミングで後発隊と合流
イメージ 27

いらっしゃい~
ようこそ、一丁平へ
イメージ 54

 11:20 後発隊 一丁平に到着  

待ちに待った、食材が漸くにして到着。
ご苦労様でした。
一番重かったのは水を背負ってきたトレの兄さんかな。
イメージ 28
後発隊メンバー
ぐっちーファミリー隊+ムロさん
るびるび隊御一行様
お疲れ様でした。

それでは、クッキングタイム
スタート!!
イメージ 29

こちらは、甘酒。
イメージ 30
前日に津久井の酒蔵で購入した酒粕で
仕込みました。

そして、わたしこと
こうちは
春に味をしめた「タコ焼き」
イメージ 31

この夏には次男BOB家に遠征しっぱなしで
久々のタコ焼きです。
イメージ 32

その側で、女子隊
盛り上がっています。
(ちゃっかり、兄さんが加わってる)
イメージ 33

そんな盛り上がりも気が付かず
タコ焼きの完成
イメージ 34

そうこうしているうちに
豚汁も良い感じに
イメージ 35
↑そして、ひらさんが地元から買ってきて頂いた
美味しいリンゴを
焼きリンゴに

るびさんのエビチリも美味でした
(写真撮り忘れ)

冬の陽射しを浴びながら
あたたかい豚汁
イメージ 36

会話も弾みます。
イメージ 37

ね!!
お喋りに夢中の女子隊
誰も気が付かない
イメージ 38

変なストーカーが後にいても・・・
イメージ 39 13:4

 13:40 一丁平忘年会 閉店  

2時間と少しの時間
美味しい食事とお喋りで
あっという間に一丁平忘年会は終了

今回の参加者で記念写真
皆さん、良い笑顔です。
イメージ 40

さあ、帰りは高尾山口駅まで戻りますよ。
帰りのルートは高尾山を巻くコース
イメージ 41

先週は、この周辺の紅葉ピークでした。
この日も、所々に名残が。
イメージ 42

薬王院の遅めの紅葉も
今が盛り
イメージ 43

そして長野隊のお二人さん
開運?縁結び?
イメージ 44

長野隊のお目当ては
ここの天狗焼き
本来の店舗は改修工事中で
臨時店舗での販売

ひらさん、脱兎のごとく行列にならび
奥様へのお土産(黄色の帽子)。
イメージ 45

そんなとき、
相方から LINE情報
「momo隊、きてるよ?!」
イメージ 46

「えっ!!、これから登るの?」

paraさんからの現在地情報が
LINEで入る
イメージ 48

momoさん、死んでるそうです。

そんなボロボロのmomoさんと
私達から一足先に下山していたひらさん達とのランデブー
イメージ 47

 15:20 momo隊 合流  

そして、本隊と合流
な・・ん・・と
天狗焼がお目当て。

本日、お目覚めが遅く
飛入り参加が間に合わず・・・
それでも高尾山に

そして、天狗焼食べて
私達と一緒に下山。
イメージ 49
高尾山に色んな登山者いますが
天狗焼き食べて
直ぐに下山するって・・・
momo隊わざわざ会いに来てくれたんだね~



その頃、長野隊とおっくんは駐車場に
これから長いドライブでの御帰還
安全運転で
イメージ 50

それにしても、ゆうこりんのザック
荷物でいっぱいだな~。


今年も、2週間と少し
もう、一座くらい登りたいものですが・・・
年賀状に大掃除に・・・・

ひらさんから
面白い動画ブログがアップされています。
イメージ 55

最後に、この記事の締め括りとしてご紹介します。
楽しんで下さい


※今回の記事掲載の写真
参加皆さんから頂いた写真を惜しげも無く
使わせて頂いております。
有難う、ございます。