2013年01月

三頭山から三頭ノ大滝ルートを下る


三頭山にて
ゆったりと昼食休憩、その後でお決まりの記念写真を撮って
ムシカリ峠を三頭ノ大滝に経由のルートを下る・
イメージ 1


下りルートの雪質はパウダースノーの様にサラサラ状態。
雪を蹴散らしながら気持ちいい下り道です。
イメージ 2


ムシカリ峠を左手に下っていきます。直進すると大沢山経由で大回りで
三頭ノ大滝に合流しますが、今回はショートカット。
イメージ 5


時折、登ってくる登山者とすれ違いますが
登山者の往来も、然程多くなくマイペースで下りれる静かな山道
イメージ 3

イメージ 4


高度が下がるとともに雪も少し湿っぽくなってきた。
イメージ 6


沢を渡って右岸側にルートをとる。
イメージ 7


前方に橋が見えてくると三頭ノ大滝まで後少し。
イメージ 8


この辺りは完全な遊歩道。これまでの静寂から賑やかな人の声が聞えてきた。
イメージ 9


休憩小屋で寛ぐ人々をやり過ごして・・・
イメージ 10


対岸行き止りの吊橋(滝見橋)をわたると右手には
イメージ 11

落差35メートルの三頭ノ大滝。雪で覆われていて全景は拝めず。
イメージ 12


大滝の路で森林館に戻る。この辺りになると大滝見物の観光客の数も多くなる。
イメージ 13


森林館にもどり、朝使った木道を下っていく。
イメージ 14


前方に都民の森、駐車場。駐車場は8割位の入り。
駐車場の傍では山頂で出会った茨城からの団体さんが
昼食の鍋準備の真っ最中。
イメージ 15



12:10 :都民の森 駐車場  

約半日で一周できる雪道周回。
お手軽に雪山を楽しめ、更に山頂では富士山の絶景や雲取山も遠望できる
東京都の山です。

また、今週も積雪がある様で、東京でもマダマダ雪山楽しめるようだ。

雪山 三頭山を歩く


東京を襲った・・大雪(敢えて大雪といっていきましょう)。
近場の東京の山でも雪山を楽しめそう。

勿論、陣馬-高尾の昨年楽しんだ雪山トレッキングも有りだが
静かな・・・雪山を楽しむには・・・と選択した山が奥多摩の「三頭山」。

昨年の12月にブロ友booさんが払沢ノ園地から浅間尾根で歩いたお山ですが
そんな健脚持ち合わせていない私たちにロング山行は無理なので標準ルート。
イメージ 32


檜原都民の村から三頭山周回ルートを選択。
コースタイム
三頭山 山行のまとめ
1/20-晴れ◎:都民の森駐車場(8:00)-森林館(8:10)
-鞘口峠(8:35)-見晴らし小屋(9:20)-展望台(9:55)
-御堂峠(10:05)-西峰(10:10-昼食-11:00)-ムシカリ峠(11:15)
-大滝休憩小屋(11:45)-都民の森駐車場(12:10)
歩行時間 3時間20分(休憩込み-昼食時間・小屋休憩除く)


檜原都民の森には駐車場開錠10分前の7時50分に到着。
日曜の朝の時間帯であれば自宅から1時間半でアクセスできる近い距離。
今回、初めての三頭山でしたが、いつでも行けるかなと思い
中々行けなかったルートでした。

駐車場へは都民の森関係者以外で一番乗り。
しかし、出発の準備をしていると
大型のバスが一台。大勢の登山者が一気に来場。
このパーティーに先を越されると大変だ・・と焦っての出発。
イメージ 33


8:00 :都民の森 駐車場出発  

流石に人気の都民の森。駐車場は勿論奇麗に除雪されており
更に駐車場から300m程離れた森林館までの緩やかな坂道も
完璧な除雪。
イメージ 1

途中、分岐した木階段にルートをとる。都民の森を楽しむ為の拠点が、この森林館。
建物の左手を通り裏に廻ると
イメージ 2 イメージ 3

本日のルート鞘口峠への登山路に。
ここからは、いよいよ雪山ハイクの開始。
イメージ 34

小さな川に架った橋を渡り雪山に取り付く。
イメージ 4


九十九折れの坂道を15分程登っていくとスポーツ歩道入り口の展望台にいくつく。
イメージ 35



8:35 :鞘口峠  
鞘口峠は、展望台の直ぐ裏に。
雪の吹き溜まりらしく積雪量が半端でなく相方の足がすっかり覆われてしまいそう。
イメージ 5

ここからの落葉したブナの明るい林の登り道。
イメージ 6


積雪も深いところで膝頭あたり、トレースもシッカリつけられているので
ルートを誤ることなく先行者のステップを利用しながら登っていきます。
イメージ 7


途中で尾根北側への巻き道に分岐。南側のルートもあったが地図をみると遠回りの様な
気がして敢えて北側に。
しかし、ここは吹き溜まり多く、また、登山者少ない様で坪足で一歩一歩登っていく。
イメージ 8

イメージ 9


南側のルートと再合流。
イメージ 10


ここからは見晴らし小屋がある南側のルートに戻る。
イメージ 11


こちらは、落葉した明るいぶな林の中、トレースもしっかりついており軽快に登っていく。
イメージ 12


見晴らし小屋に到着。
イメージ 13


ここから、御岳山から大岳山につながる稜線が一望できる。
イメージ 14


そして、木立の隙間から黄金色に輝く相模湾も眺めることができる。
イメージ 15


見晴らし小屋から少し下ったところで北側ルートと再び合流。
イメージ 16


そして緩やかな登りトレースを歩む。
イメージ 17


木立の先に富士山が観えてきた(写真ではよくわからず)。
イメージ 18


展望台への分岐。指導票の文字は消えてしまっており
気がつかねば通り過ぎてしまう分岐。
イメージ 19


展望台にも積雪。
イメージ 20


大岳山の隣に御前山を一望。
イメージ 21


展望台の裏には、三頭山・東峰。
イメージ 22


更に、その先に中央峰(1531m)。
ここが三頭山の山頂か・・・しかし、展望もないブナ林の中。
イメージ 23

この山の眺望ポイントは更に一端下りて登り返した先の西峰。

鞍部に西峰直登&巻き道&奥多摩湖ルートとの合流ポイント。
奥多摩湖ルート上の足跡はアニマルルート。獣の足跡のみで雪も深そう。
イメージ 24



10:10 :三頭山 西峰  

鞍部からの登り返すは僅か5分足らず。
西峰山頂は雪に覆われた広場。
そして、南側と北側の展望が開けていて絶好の展望ポイントです。
イメージ 25


先行する相方から「絶景!!富士山!!」
イメージ 26


ここからの富士山の眺めは本当に素晴らしい。
山頂には先行者もいなくベストポジションのベンチを占有。
風も殆どなく、ゆっくりと昼食(今日は鍋焼きうどん)の準備。
イメージ 27


富士山上空に一筋の飛行機雲。青空には雲ひとつない冬の澄んだ空気に
凛として佇むジャンボの姿が凛々しい。
イメージ 28


北側の展望は、雪に覆われた奥多摩の峰々。
左側の小高いピークが雲取山。
イメージ 30


つい、この前には積雪量少ないといわれていた雲取にも積雪が多くなった様子。
手前の山が七つ石山。そして石尾根が左手の白い帯状の線。そして山頂の避難
小屋周辺のザレ場も真っ白。
イメージ 31


この後、駐車場で出会った団体さんが到着し
賑やかな登山者の声、茨城から来られた皆さんとのこと。
この後、駐車場にもどるとキリタンポの鍋が待っているそうで
15分程で先に下山していった。

再び、静寂の戻った山頂にて記念写真。
イメージ 29



下山は、後編に続く・・・

ブログの更新、間が空いてしまいました・・・
何しろ、ぴろりん隊長の秘密兵器を先にネタばれささせる分けにもいかず
隊長の最終編更新(昨晩)まで待っていました。
更新された記事は↓
入笠山 その3

・・といいながら、今日(20日)も山日和。勿論、行ってきましたよ東京の雪山に!!
報告は後ほど・・


ちゃんぽん鍋が温まるまでの時間、
このゴージャスなパノラマ展望を楽しみましょう。

まずは、中央アルプスの峰々。
宝剣から空木にかけての縦走も今年やってみたいものです。
イメージ 1

木曾駒にズーム!!
右側のピークが木曽駒ヶ岳、中央に中岳。
千畳敷は左手の伊那前岳の陰に・・・
前岳の奥のピークは宝剣?
イメージ 12


中央アルプスには重厚な山容の御嶽山。
家族で登った夏は何年前だったか・・・
イメージ 2


まだ、未踏峰の乗鞍岳。
容易に登れそうな気がして、いつも素通り。
今年は・・・
イメージ 3


THIS IS 「北アルプス」といっても過言でない
お馴染みの槍穂稜線。北穂から槍までは未踏の稜線。
今年??
イメージ 4


後立山連峰
右手の白馬三山は昨年楽しませてくれました。
左手の双子峰の鹿島槍にも登ってみたい。今年?
イメージ 5


そして東側斜面に目を移すと
八ヶ岳の大パノラマ。
古の昔、この山域が一つの山だった話(ジャンボ富士山と背比べして
小突かれた八ヶ岳)が本当だったら富士山をしのぐ巨大な山だったのでしょう。
イメージ 6
+クリックで拡大

北から蓼科山。中央に白スジとなっている直登ルートが確認できます。
昨年の今頃、初めての本格的な冬山が、この蓼科山。
同行して頂いたみずおさん、ありがとう。ホットワイン旨かったよ・・(笑)
イメージ 7


そして、荒々しい山容の南八ヶ岳
左から、横岳⇒阿弥陀岳⇒赤岳⇒権現岳。
イメージ 9

しかし、何といっても阿弥陀岳と赤岳。
この時間帯、ブロ友のカブさんご一行様は、
赤岳から阿弥陀にむかっているとのこと。見えた?!
イメージ 8


そして、この入笠山の山域、南側には
南アルプス三兄弟。甲斐駒ヶ岳、北岳、仙丈ヶ岳。
イメージ 15


甲斐駒と北岳。昨年、ついに山頂を極めた北岳。
今年は、更に南に伸展していきたいものです。
イメージ 10

そして、冬の陽光に輝きをましている仙丈ヶ岳。
この山に登ったのも何年前か。再訪したいお山です。
イメージ 14


そして、忘れてならないお山。
ジャンボこと富士山!!
この夏に山頂ランデブー登山をしようかなんて企画がありますが
こうち隊は、どうしましょうね。
イメージ 11


なんて事を考えながらの大パノラマ。
一年が足りませんね。

食事も進みます。時間の経過も早く、あっというまに
山頂滞在時間 1時間と20分。
多分、今までで山頂で滞在した時間の最長記録だと思います。

名残惜しい、山々です。
イメージ 13


そしてキメは、今年も飛躍の年である様にとジャンプ一番!!
ちょっと、躍動感足らずのジャンプでした。
イメージ 16


11:20 :下山開始  
登ってきた道を戻ります。雪はサラサラで白く細かい砂が足に纏わり付く
不思議な感覚で下山。
イメージ 17


下山途中で旧ゲレンデにルート変更。
防獣ネットの一部開いた場所からゲレンデに下りれますが
ここはシリセードゲレンデ。
先頭のぴろりん隊長に続いて相方の初すべり。
イメージ 18


そして、殿にパパさんの豪快な一滑り!!
イメージ 19


ゲレンデから外れた遊歩道では滑り足りない隊長のトナカイをパパさんが・・
パパさん、凄く献身的なご主人です。
イメージ 25


林道と並行する遊歩道を下りていく一行。
イメージ 20



そして、入笠湿原。
イメージ 21


帰りは林道経由で・・そろそろゴールです。
イメージ 22


ゴンドラ山頂駅が前方に。
イメージ 23

山頂までの往復2時間弱の雪山散歩、そして山頂での大パノラマ。

帰りのゴンドラでは
大満足のぴろりんさん&パパさん。
イメージ 24


さて、ここまで来れば紹介したい八ヶ岳展望スポット
1月5日の大展望↓
イメージ 27

この日から一週間経過し雪の量は少なくなってきましたが
絶好の展望は今日も :):):)
イメージ 26


八ヶ岳エコーライン傍の展望スポット。
ナビのガイドを無視して横道にそれてみれば大展望が待っています。

3連休初日、黒斑山から渋滞もなく夕方の6時前に帰宅。
週末になるとスマホ元気に鳴り出す、いつものブロ友登山隊のLINE談義。
話題は今日の黒斑山とブロ友さん達の山行計画、
その中、
ブロ友「ぴろりん隊」が相方のスイッチを入笠山にいれてしまった。

前回の北横岳で味をしめた「ぴろりん隊」。
今一度、八ヶ岳展望の山に・・ということで入笠山。

黒斑山の翌日でも
もちろん、天気が良ければ連ちゃんも厭わなく山に行こうと思っていたので
即決で入笠山決定!!

・・というか、
実は、この入笠山、金曜日の夜に
ゆうゆう隊との黒斑山決定前に、同じくブロ友booさんの山行にお邪魔しようとしていた山だったのです。
結局、黒斑山に行ってきちゃいましたが、
booさんは奥様と一緒に、入笠山に・・・そして、その日の夜に記事アップの早業。
booさん記事↓
1/12 入笠山①
1/12 入笠山②
1/12 入笠山③
1/12 入笠山④
参考にさせて頂きました。

そして、ぴろりん隊 山行記事は↓
入笠山 その1
入笠山 その2



さて、この入笠山、皆さんご存知の様に
諏訪南ICより10分足らずの富士見パノラマリゾートが拠点。
往復で2時間足らずの楽々コース(勿論、ゴンドラ使用して・・・山頂駅からですが、)。

楽々で体験できる入笠山からの大展望期待してください。

イメージ 1


入笠山 山行のまとめ
1/13-晴れ◎:ゴンドラ山頂駅(9:00)- 山彦荘(9:20)
-御所平峠登山口(9:40)-入笠山(10:00-11:20)
-御所平峠登山口(11:40)-山彦荘(11:55)-ゴンドラ山頂駅(12:10)
歩行時間 1時間50分(休憩込み-昼食時間・小屋休憩除く)



大展望の雪山 入笠山


続々と駐車してくる車で次第に混雑してくる駐車場。流石、スキー場!!
周りはスキーヤー&ボーダーばかり。
その中、ちょっと場違いな準備をして、いざ、ゴンドラへ!!
ゴンドラ切符売り場で並んでいると後方よりぴろりんさんが
 後光が射すような割引券を差し出す。通常の往復運賃1600円のところ、
このプリントアウト割引券をだせば200円びきの1400円に。
隊長にも後光が射してましたよ(笑)
(この浮いた200円で帰路、200円クッキーシューを買えた!!ラッキー)

持つべきは良い山友ですね。
(じつは先週のピラタスでも割引券があったとか・・・研究不足を反省)
イメージ 2  イメージ 3

チケット売り場横のゲート口をぬけると、そこはゲレンデ。
イメージ 4

booさんのご案内記事に導かれる様にゲレンデ右端にあるゴンドラ駅にむかう。
イメージ 5

前方の建物がゴンドラ駅。
booさん記事にあった様に、殆どの方がリフトを使う様で
ゴンドラには待つ事なしで直ぐに乗ることができた。
イメージ 6



9:00 :山頂ゴンドラ駅  

そして、あっというまに山頂ゴンドラ駅に。
山頂駅にてトイレをすまし、いよいよ出発。
この青空にテンション上がってきたぞ。
イメージ 7

ハイキングコース入り口にて、ハイポーズ!!
トレースもシッカリしている様なのでアイゼン無しでスタート。
(結局、履かず終いで下山)
イメージ 8


「恋人の聖地展望台」「富士山ビューポイント」・・・パスしちゃいました。
何て立って、この晴天の青空。早く、山頂からの展望を拝みたいからです。
富士山ビューポイントを巻く様な樹林帯の雪道を進む。
イメージ 9


林道を渡ると入笠湿原の開けた雪原に。
イメージ 10

左前方のピークが入笠山。然程の高度もなさそう。

湿原入り口の木橋を渡る。
イメージ 11


湿原を横断し右手の一段高い林道に上る。
イメージ 12

冬季は通行止めの様子ですが夏には先の峠まで車でアクセスできるみたい。
楽々コースなんですね。

階段を上がり、林道にでると山彦荘の脇をぬける。
ぴろりん隊長、絶好調のご様子。
イメージ 13


このまま、林道を歩いても登山口に到着するのだが
林道に平行して整備されている遊歩道へ
イメージ 14


途中、旧ゲレンデ入り口で
暖かさに負けて、ハードシェル、シャツを脱ぐ。
ロングの下着とTシャツの2枚で十分な陽気。
再び、林道に戻り前方の御所平峠に向かう。
イメージ 15


隊長、ほんまに、絶好調!!
イメージ 16


そして、峠で指差した先には・・・
イメージ 17

「北アルプス!!」「・・・・・・」
イメージ 18


残念でした。昨年、隊長さん達が登った木曾駒ではないですか。
聖職の碑ルートも良く見えてますよ。
イメージ 19


9:40 :御所平峠登山口  

さて、この峠からが本格的な急坂の登山道。
まずは、行ける所までアイゼン無しで行ってみましょう。
イメージ 20


入笠山東側山腹にある旧ゲレンデ。かなり前から使用していないそうだが
鹿防護ネット沿いに登っていく。
イメージ 21


振り返ると北八ヶ岳の峰々が美しい。
イメージ 22


雪の風紋・・美しい~
イメージ 23


そして山頂直下に誰が作ったのか直登トレース。
ステップ切ってあったので登りやすかった~。
イメージ 24

林を抜けると期待感100%。
イメージ 25

ほら、紺色の青空に山頂標が見えてきた。
イメージ 26


隊長、はよ、登ってきて・・・
イメージ 27


相方&隊長の山頂一番のり:):):)
イメージ 28


そして、山頂での展望に唖然・・・の二人。
イメージ 29



10:00 :入笠山頂  
約一時間での山頂、そして記念写真!!(合成ではありません・・)
イメージ 30


この山頂標、東側と西側、両方に入笠山頂の表示。
八ヶ岳を背景に
イメージ 31


パパさん、撮影に夢中!!
登山を始めて6年目位になりますが、
これまでの3本の指に入る絶景パノラマ。
イメージ 32


しかし、風は容赦なく山頂に到着してから吹き付ける。
風を避ける場所を探して、八ヶ岳をオカズに昼食準備。
イメージ 33


パノラマ撮影から戻ったパパさんも準備開始。
その傍には、続々と登山者が登ってくる。
そして、「感嘆の雄たけび~」。これを眺めているのも面白い。
イメージ 34


そして、我家の昼ごはんは
冬の定番、コンビニで買い求めたチャンポ。
イメージ 35


さあ~、温めている間に
 私も、絶景写真を撮りにいこう~~   

 つづく・・・

この3連休最終日、予報通りの雪・・どころか
首都圏にとっては大雪になってしまいましたね。

ブロ友さん達から、私こと、こうちが雪山から連れてきたのでは・・・なんて
いわれてますが、私だけではないでしょうね。この3連休で雪山を楽しんだのは・・・

・・・実は、この翌日も、雪山で遊んできちゃいました。

報告たまりそうなので
 さくさく・・と、黒斑山後編スタートします。




大展望で至福の昼食タイム


蛇骨岳からの上信越の峰々

まずは、四阿山。昨年、7月に登りました。美しい高山植物の山です。
イメージ 1

イメージ 2


その背後に戸隠山、高妻山、黒姫山、妙高山、火打山等など
未踏の峰々が連なる。
イメージ 3


草津白根山と苗場山
イメージ 4


谷川岳方面でしょうか
イメージ 5


さて、ここもトーミの頭と同様に風の吹きさらし。
黒斑山と蛇骨岳間の稜線上は無風に近かったので、そこまで戻ることに。
イメージ 6


そして、ゲットした登山路傍らの小広場。
無風状態、そして目の前に浅間山を見ながらの至福の昼食タイム
イメージ 7


まずは、目の前の浅間山に乾杯(焼酎お湯割り)
冬は、これに限ります(提供:ゆうゆう隊)
イメージ 9


そして、今回も故郷のヌードル、金ちゃんヌードルの登場!!
四国出身の探検隊長「やましんさん」の山頂定番メニューです
イメージ 8

中々、面白いHPです。山登りを始めた頃に色々と参考にさせてもらいました。
今でもパジェロで四国から信州に長時間ワープするアクティブな方です。

http://yamashintankentai.private.coocan.jp/index.html

そして、なんと驚くことに、このヌードル、ゆうゆうさんの故郷でも販売していたとか・・・
 これって徳島のヌードルなんですが。思わぬところで食の繋がり。

お腹も、気分もお腹一杯。それではと・・名残惜しいところですが
再び、縦走路にもどる。前方左端のピークが黒斑山。
イメージ 10


13:40 :黒斑山
黒斑山山頂に戻る。午前中から更に登山者で混雑していたが殆どのメンバーは
ここまでのピストンの様子。混雑をさけて、ここは素通り。
イメージ 11


トーミの頭から下山。
毎度、下山時には、よくこの急坂を登ってきたものだな~っと自画自賛。
イメージ 12


鞍部の分岐。今朝は右の中コースから登ってきたので
帰路は直進「表コース」に。
イメージ 13


鞍部から登り返した赤ゾレの頭から
トーミの頭を眺める。
下ってきた雪の斜面、まるで白壁の様、
ここに立てば黒斑山までルート全貌を確認できる。
イメージ 14


赤ゾレの頭のピークを超えて
少し下ったところに蒲鉾シェルター。
イメージ 15

しかし、この程度のシェルターだと火山岩でイチコロなんじゃないかな~

ここからは暫く開けた展望を楽しみながらの下山。
イメージ 16


前方に高峰山、そして後方に四阿山
イメージ 18


振り返るとトーミの頭に至る急坂と前掛山。
イメージ 17


そして、こんな下りルートでヤッテみたくなる「シリセード」
ゆうゆう隊、アルミシートを持参してきていましたよ~
イメージ 19

ゆみっこさん、スノーシューがブレーキになって思う様に滑れていない(泣)。

お手本は隊長みずから・・・
イメージ 20


再トライ、しかし、コースアウト!!
イメージ 21


この表コース、最後には車坂山の登り返しが残っており、
その急登が最後の難所。
イメージ 22


その難所を越えると
雪見だいふく転がる緩やかな斜面を下っていく。
点在していた岩(火山岩?)に雪が降り積もり、雪見だいふく状態に。
イメージ 23


14:50 :高峰高原ビジターセンター駐車場  
イメージ 24

約5時間の黒斑山登山。
急遽、決定した今回の山行でしたが、
繰り返す様ですが、中々、今日の様な天気は望めない。
このチャンスを活かすことができて相方には申し訳ないが、最高の1日でした。


以上、1月3連休、初日の山行は大成功・・ということは2日目が・・・

次報、乞うご期待です。

↑このページのトップヘ