コースタイム
7:37 大倉登山道入口~8:22 大倉高原山の家~10:15 花立山荘~10:57 塔ノ岳山頂
11:20 塔ノ岳山頂~11:49花立山荘~13:49大倉登山道入口着


久しぶりの山行。この一ヶ月、所持雑多ばかりで週末も動けない窮屈な時をすごし、むずむず。漸く、この3連休の中日は予定も空きお天気の上々の予報で久々の山行。今回は、塔ノ岳を大倉尾根から挑戦。

朝5時40分に自宅八王子を出発(後1時間早くでていればと後悔したのは登ってから)。大倉バス停に7時10分に到着。246号線は朝が早くても少し混み気味。八王子からは表丹沢コースは遠いのです。
7時30分にスタート。
久々の山歩きで足取りも軽く歩をどんどん進めます。大倉高原山の家で上着をぬぎ軽装に。
見晴茶屋をすぎるといよいよバカ尾根とよばれる単調な上り坂の繰り返し。突如、前方に真っ白なお尻な鹿が出没。今回、期待していた鹿に早々の出会い。更に登りつめた尾根道から富士山が・・・・。一ヶ月ぶりの山からみる富士山です。青空と富士山の白のコントラストがとても綺麗です。
 大倉尾根・・単調な上り坂が・・前方に
イメージ 1

 鹿出没
イメージ 2

堀山の家を通り過ぎると更に登りがきつくなります。気温ものぼり額から汗がたらたら。登山道は良く整備されている歩きやすい道ですが、登りの繰り返しには・・・・・・・。つれあいは、暑さ対策で手ぬぐいを姉さんかぶりに。ストックをついて歩いている姿が「おりんさん」状態。
 今日も美しい富士山
イメージ 3

 大倉尾根・・登り坂2
イメージ 4

 大倉尾根・・登り坂3・・前方に登り旗が・・もしかして頂上?!
イメージ 5

花立山荘にかけての登りを頂上と勘違い。1時間前には良くみえていた富士山に雲が完全にかぶり南西側の視界は今ひとつ(一時間早くでていれば・・・)。
 立花山荘に到着した「おりんさん」
イメージ 6

塔ノ岳頂上が見えてきました。頂上直下の坂道もきつそう。周囲をみると霜柱も解けずにそのままの状態。体は汗だくだくなのに周囲の温度はかなり下がっていそうです。
 塔ノ岳頂上をのぞむ
イメージ 7

登り初めて3時間30分で頂上到着。直下の登り道はやはりきつかった。でも、この頂上での絶景をみれば疲れも吹き飛ぶはずが、富士山は相変わらず雲に隠れた状態。南アルプル・白根三山・甲斐駒もよくみることが出来るのに(1時間早く出発していれば・・・)。北に目を転じれば丹沢主峰である丹沢山・蛭ヶ岳が目の前に。昨年の6月にピストン縦走した丹沢山・蛭ヶ岳のコースもよく眺められます。
 丹沢山・蛭ヶ岳
イメージ 8

頂上滞在時間20分。寒さに堪えきれずブランチも早々に退散。元気であれば丹沢山まで足を伸ばしたいところ、久方の山登りで太もももパンパン。嫁さんも昨日5KM走った影響で下りがきつそう。ゆっくり、時間をかけて下山することに。今日は3連休のどまんなかでお天気もよく年配者・子連れ・アベック・トレイルランナー色んな人が登ってきます。トレイルランナー以外は顔をゆがめ辛そうな顔つきで登ってきます。たぶん、我々もこんな顔をしていたのでしょう。そして二人の背後から色んな人に抜かれながら2時間30分で下山。下山時にはかなり足にきていました。山の上はかなり雲もあつくなり、ギリギリセーフ。
 下山途中にて・・秦野市をバックに
イメージ 9