白山登山の翌日、北陸路の最終日
かねてから訪れたかったスポット

それは、9年前にNHKの朝ドラの舞台となった街です。

イメージ 1

何故、朝ドラ?!
9年前には信州の地で単身赴任生活をしていて
アパートから職場へ徒歩5分の近接地
朝8時の朝ドラを観ての出勤で
このドラマにはまってしまっていたのでした。

朝ドラ定番の持前の明るさで
困難を乗り越えていく前向きな主人公とは、真逆の
心配性でマイナス思考のヒロインが大阪で落語家を目指す姿を描くドラマ

その主人公役の貫地谷しほりさんが
ぴったりのはまり役

そして、ドラマあらすじのキイとなる
渡瀬恒彦演じる徒然亭草若
落語愛宕山のフレーズ

野辺へ出て参りますと、春先のことで
空にはひばりがピーチクパーチク(注)さえずっていようか、
下にはレンゲ、タンポポの花盛り、陽炎がこう燃え立ちまして
遠山にはパーっとかすみの帯をひいたよう、
麦が青々とのびて菜種の花がいろどっていようかという本陽気、
やかましゅうゆうてやってまいります、
その道中の陽気なこと…


春の里山が目に浮かぶ様な語り口調で
情景が目の前に浮かび
思わず外に飛び出したくなります。

山歩きを本格的に始めたのも
この落語がきっかけの一つなんです。

そして、この様な文章も徒然なる儘に書けると良いなと
ブログも初めたきっかけです。


そして、その舞台となった街が
福井県の小浜市
最終日の目的地とした訳です。


その前に、折角ですので
もう一つの観光スポット



東尋坊に立ち寄ります。

サスペンスドラマのラストシーンの定番を
意識したのですが、
「こないで!!」
全然、伝わりませんね。
イメージ 2

海食によって岩肌が削られ高さ25mの岸壁が続きます。
そして、この岩は柱状節理で
この規模は世界で3箇所だけで国の天然記念物に指定されているそうです。
イメージ 3
思わず、身を乗り出す。

岩棚の上にも、勿論
攀じ登りましたよ。
イメージ 4


そして、小浜市に移動~

お目当ては、ここの焼きサバ!!
イメージ 5
少しシャッターが下りて寂しげなアーケード街に

お~!!、あったあった!!
イメージ 6
徒然亭若狭こと 喜代美ちゃん!!

そして喜代美ちゃんの無二の親友
順ちゃんの魚屋食堂のモデルとなった焼サバ屋さん!!
イメージ 7

ここで焼サバを一匹購入。
どこで食べる???

お店のオバちゃんにきくと
アーケード先の「街の駅」を教えてくれました。

小浜市の観光スポットの中心に
お土産コーナーとモダンで明るいお食事処が併設した施設が
アーケード街から信号一つ離れた場所にあり
ここの持ち込みにて食事が出来るんです。
イメージ 8
念願の焼きサバを堪能させて頂きましたよ~

そして小浜市といえば、この人!!
あのタレントも最近お見かけしませんが
お元気でしょうか>
イメージ 9

ということで、この小浜で
昼食を食べて
・・・・

こうち隊にとって
未踏であった北陸路の
プチ観光をおえて

一路、故郷の四国に
橋を渡ると・・・故郷の風がまっています。
イメージ 10

すでに一ヶ月前のレポでしたが
まだまだ、立ち寄れていない観光スポットや山々が
北陸には残されています。

次回は、いつになるのでしょう~。