2年前より恒例になっているダイヤモンド富士高尾山ツアー。
今年は陣馬山から高尾に縦走しもみじ台でダイヤモンド富士を観る企画。
賛同して頂いたブロ友総勢14名(陣馬縦走組7名+景信山合流組2名+高尾山場所取り組5名)の大ツアー記事です。
決行決定を天気予報を粘り粘って
どうみても晴れしかない23日(日)に決定。
前日には千葉から、ゆうゆう隊も我がボロ屋に宿泊前夜祭を楽しみ
いよいよ、本番の23日です。


完璧な晴れ予報のはずが・・そして陣馬山



集合場所は高尾駅北口 7時20分

高尾駅南口から北口へ
ホームを抜ける途中にてカブさんと鉢合わせ。
北口改札には既に高尾山口に車を駐車し電車で移動してきた長野組のひらさんと伊藤さんが徒歩で北口に回ったゆうゆう隊&相方と談話中。
ひらさんとは秋山村キャンプ場以来の再会。
挨拶もそこそこに直ぐに陣馬高原下行きの停留場の長い行列に連なる。シーズンは初冬なのに相変わらずの人気ルートなんですね。
イメージ 1


7時35分発の定期便発車前の臨時急行便に乗車。
急行便といっても、この時間帯では定期便と大きな差なし。
8:10 :陣馬高原下

終着点下車。高尾駅ではどんよりしていた雲は
ここでは小雨模様~
イメージ 2

一日長いから後半での天気回復に祈りましょう。
何しろ今日は朝から大本命の晴天予報だったので^^;

トイレ休憩を済ませ長い高尾までの縦走路へ。
イメージ 3


和田峠に向かう舗装された緩い傾斜の林道を進む。
小雨も対したことなく雨具も必要ない。
歩き始めて20分程で昔はなかった陣馬山への近道ルートに分けいる。
イメージ 4


近道だけに針葉樹林に入ると直ぐに急登が待ち構えている。
外気温低いといいながら身体もかなり火照り昨晩のアルコールが
ドンドン抜けていく休み休みの山道登り。

同じバスに乗っていたと思われるパーティーと抜きつ抜かれつの山旅
針葉樹林帯を抜けると落葉樹の明るい尾根道筋を登って行く。
イメージ 5



この辺りから前日まで風邪引いていたという病み上がりの
ひらさんのペースが落ちてくるが、話し上手の会話は今日も絶口調。
尾根道から右手にトラバースし和田峠へのルートに合流すると山頂は目の前。
この付近より上空よりミゾレが降ってきた。
気温も稜線近くになり下がり少し風も出てきた模様。
イメージ 16


6:40 :陣馬山山頂  
山頂に到着。
イメージ 17

ここも高尾山に劣らず人気の山ですが、
今日はミゾレ降る曇天と早い時間帯で
いつもの混雑はなく記念写真も直ぐに撮れた。
イメージ 6

ここで、私達ブロ友登山隊ご一行様
改めて紹介します。
前列左から長野組のイトウさん、山のハマちゃんことカブさん、
ゆうゆう隊副隊長ゆみっこさん、うちの相方さん。
後列左から長野組組長ひらさん、中央の撮影ポイント狙っている「こうち」、そして、ゆうゆう隊隊長のゆうゆうさん。
総勢7名でダイヤモンド富士目当てでこれから高尾山まで縦走の旅に。

途中、景信山で同じくブロ友のmomoさんparaさんコンビとの合流。

そしてダイヤモンド富士ビューポイントで場所取りしていてくれる
「るびるび&ひょんた親子」、
毎度お馴染みのぴろりん隊お二人プラス
今回は平均年齢をぐっとさげる為にお二人のお嬢様・・・なんとピアニストだとか~芸術家です。
合流組合わせると総勢14名の大パーティーとなってしまいました。

ところが第一のポイント陣馬山では生憎の曇天。
勿論、富士山も厚い雲に姿を隠し
イメージ 7


若干奥多摩方面の山並みに微かに日を指す。
イメージ 9


そして南の方角には
天使の梯子っていうのですか?
厚い雲の隙間から太陽の光がさしこみ
照らされた相模湾が黄金色に輝く。
イメージ 8


寒さに耐えた小休止の後に
第二のチェックポイント景信山に向けて出発。
イメージ 18


景信山まで約2時間の行程だが陣馬山はこの縦走路で最も標高高く
後は多少のアップダウン繰り返しながら緩やかにくだっていくのみ。
陣馬山までは会話も中々転ばなかった一行でしたが
歩いていて気持ち良い山路に話も弾み
あっと言う間に明王峠到着。
イメージ 10


ここでトイレ休憩/軽食とりさらに進む。
・・・・・
ここで帰宅して分かった驚くべき事実が一つ。
明王峠先の底沢峠から堂所山ルートと巻道分岐の区間で
ブログでいつもお邪魔させてもらっているbooさんとニアミスして
いた様です。まだ実際には会ったことがない謎多き強者のお方です。
この日も
何と朝の6時前に八王子城趾から北高尾縦走をぬけ
陣馬山・藤野下りるロングコース。
先週、来年の春に八王子八峰縦走しましょうねと約束したばかり。
世間狭いね~。

ここから景信山までのルートは小さな直登と巻道の誘惑に駆られながら進む。
勿論、私は直登ルートを取りましたよ~
しかし、いつも巻道ルート組に先を越されてしまいますが
イメージ 11


景信山まで最後の登り。
イメージ 12


11:50 :景信山山頂  
景信山山頂はお昼時。大勢の登山者が手弁当・鍋等、趣向をこらした
ランチタイムを楽しんでいた。
その中、お決まりの登山記念写真。
イメージ 15


そしてお馴染みの御茶屋さんで
毎年食べている
なめこうどんでの昼食タイム。
イメージ 13

ここではmomoさんparaさんとも無事に合流(前列右側のお二人)。。

総勢9名に膨れ上がったご一行様
展望デッキの様なベンチで一時間ゆっくりと食事を
取らさせてもらいました。

そして、お天気も西の空の雲が取れ始め
何か期待感を持たせてくれる雲行きに~
イメージ 14



縦走登山隊の思いは天に通じるか・・・