【コースタイム】
8:45 観音平PA~9:26雲海~10:00押手川~11:10編笠山山頂=11:37山頂~12:00 青年小屋=12:14青年小屋~12:37 のろし場~13:00ギブシ岳~13:24権現岳山頂=昼食=14:00山頂~14:30のろし場~15:00青年小屋=休憩=15:20青年小屋~(まき道)~16:16押手川~17:29観音平PA

 単身赴任先の長野にきて4年目の夏。
今年も、家族長野集合し避暑地気分。・・と思いきや、次男Nはバイトの為、留守番。
結局、長男Mと3人で長野の夏となった。
今年の本命は、北アルプス-燕岳。
初日14日は、ウォーミングアップ登山。予報で快晴となった15日を本命におく。
さて、ウォーミングアップは?
比較的低山で・・と思い、八ヶ岳-編笠山に決定。
諏訪IC近くのMACで朝マック。のんびりした出足。

 観音平PAには8時30分に到着。さすが、お盆連休。駐車場は満車。路肩にもかなりの数駐車。結局、駐車場から50m程、下った場所に駐車。
駐車場脇の登山口から熊笹に覆われた樹林帯を登っていきます。最初は、ゆるやか傾斜で快調な出足。後は頂上で青空が迎えてくれるかどうか?(途中、雲海で富士山がみえる予定が正しく雲海の中で真っ白)
イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 押手川で青年小屋(巻き道)と編笠山との分岐。編笠山は、これより本格的な登り。
イメージ 4

 苔むしたゴロゴロ岩道。傾斜も徐々にきつくなり、額から汗が滝の様に。
イメージ 5

 いつもなら、こんな時に富士山が後押ししてくれる所、今日は展望なし。長男Mは、ドンドン歩を進め姿も見えなくなり・・・。
イメージ 6

 樹林帯を抜けると青空が!!。 部分的に!!。 
 山頂は蓼科山と同様ゴロゴロ岩のお饅頭型。
イメージ 7

 既にMクンは涼しげな顔で山頂標近くで休息中。こちらは全身汗でびっしょり。
山頂到着11時で気温上昇の影響か、湿度の高い登山道の影響か、こんなに汗をかいたのは初めての経験。
イメージ 8

 山頂からの視界は諏訪湖側が若干あるだけで、残念ながらギブシ岳・権現岳の眺望はなし(のろし場までは確認)。ガスの動きも早く、一瞬でも切れないかなと時間を潰すが改善の気配なし。
ここで、毎度の欲が。昨年登った権現岳に行こう!!赤岳もみえるかもしれないし!!
イメージ 9

 一気に青年小屋までおりていきます。途中、ゴロゴロと大きな岩のガレ場を飛び歩き下山。
青年小屋でカキ氷(500円也)を3人で分け合い、英気を養って権現に目指し山歩き開始。
イメージ 10
イメージ 11
 
  
 

 
 
     
  
  
  
  

 
 のろし場からの眺望は相変わらすガスの中でなし。
イメージ 12

 西ギブシにも巻き道あたりにガスが覆っています。その先は視界ゼロです。
イメージ 13

 西ギブシを越すと権現が?と思いきや、
 ギブシ岳登場。かなり、気分的にはガックリ。
イメージ 14

 ギブシ岳は、鎖場の巻き道を伝い歩きます。
イメージ 15

 権現岳が見えてきました。ガスも幾分薄くなってきました。
イメージ 16

 振り返ると、青年小屋が確認できます。編笠岳は、まだ雲の中です。
イメージ 17

 権現岳山頂到着です。昨年は9月。風の強い寒く山頂には長い時間いる事ができませんでしたが、今回はOK。
イメージ 18

 昨年滞在した場所と同じ場所で昼食。
ここで秘密兵器登場。昨日、モンベル諏訪店で購入したジェットボイル。
250ccの水を100秒で沸かせられる優れもの?(店員さんが、山で優越感にひたれますよの一言で購入)。
確かに2分かからずカップ麺のお湯沸かしでした。カップ麺は3分待ちますが・・・・。
コーヒカップは、朝MACの容器を、その間々使用。
イメージ 19

 ガスが切れて赤岳が見えるのではと、30分間ねばるも霧の中。
権現岳にもガスが漂い始めたので下山することに。
少し、ガスが出てき始めたギブシを慎重に下山。
イメージ 20

 のろし場で背後を振り返ると、何と登山時にはガスの中だったギブシ岳と権現岳が見えているではありませんか?
イメージ 21

 前方には午前中に登った編笠山の山頂も良くみる事ができます。
イメージ 22

 今だったら、権現・ギブシから赤岳・阿弥陀岳が望められたのでは? 残念!!
3時に青年小屋に到着。
山頂で水を使いきってしまったので、青年小屋近くの水場に相方がパシリ。往復約8分。
山の上は、相変わらず、ギボシ・権現は青空をバックに全容を現しています。
イメージ 23
イメージ 24
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 青年小屋からは、巻き道をひたすら下山。
思っていた以上に巻き道は長かった。
観音平に到着した時には、青年小屋で補給した水も、ほぼ使い果たしてしまっていた。

 観音平からの帰路、車を降り、編笠山・西岳の山容を確認。
八ヶ岳は、雲がかかり今ひとつのお天気でしたが、下界は一日良いお天気の様子。
イメージ 25

停車した道路の傍にひまわり畑が・・・。
夕日の光線と向日葵の彩りが艶やかでした。
イメージ 26

イメージ 27


 本日、ウォーミングアップで歩いた編笠山。結局、権現岳まで足をのばして、標高差でも本番の燕岳と変わらない山行となってしまった。しかし、足は絶好調。
 途中で諏訪湖湖畔にある「すわっこランド」(20時から大人300円)で汗を落とし、疲れを癒し長野ベースキャンプへの帰路につきました。明日は、予報では快晴!! 期待大。