6月に入ると
横岳のツクモグサが気になってくる。横岳へ一番早く登れるルートは海ノ口から杣添尾根ルート。
そのルートのネット情報によると以前は森林限界近くで巻いていたルートから冬季ルートを夏道に整備した様だ。過去2回、この6月に杣添尾根を登ったときに、この巻き道は腐った残雪に足をとられ悪戦苦闘した記憶もあり、新しい路を歩いたみたい衝動もあって、晴れ予報の平日金曜日に休みをとって向かうこととした。 なぜ、平日かというと、海ノ口の登山者駐車場は駐車可能台数が少なく過去2回は駐車することができす周辺に路駐させてもらいました。ただ、このエリアは別荘地でもあって路駐には厳しい区間。たしか、下山すると車には張り紙もされてしまった苦い記憶。そんな理由で平日登山に。


しか~し、タイトルにある様に
平日でも朝の5時を過ぎると駐車場は満車でした。
読みが甘かった・・・。

ということで、前置きが長くなってしまいましたが
今回は横岳はあきらめて、昨年の9月に登ったばかりでしたが
困ったときの八ヶ岳定番ルート、天女山駐車場から権現岳に登ることに。

スクリーンショット 2021-06-27 082842

天女山駐車場から権現岳ピストン - 2021年06月11日 [登山・山行記録] - ヤマレコ (yamareco.com)

 AM6:34   天女山上駐車場  
天女山駐車場には先着の車が4~5台。
権現岳には、編笠山経由で登れる観音平駐車場があるが
こちらのルートは地味に長いのか、いつきても、余裕で駐車が可能。
山に登り始めて、八ヶ岳デビューは、2009年にこの駐車場からでした。
八ヶ岳-権現岳('08-09-28) : 日々是好山歩き (livedoor.blog)
 
 駐車場傍の登山口からは、直ぐに林の中に続く緩い斜面の登り道。
 まだ、朝も早いのにジージーとハルゼミの鳴き声がコダマする新緑の森には、
 ところどころに咲くヤマツツジ。緑の中の朱色の花のコントラストが美しい。
 先ほどまで、目的地に登れなかったことでモンモンとしていた気分も一気に晴れやかに。
210611-063609
 確かに、杣添尾根は近いけど森林限界までは鬱蒼としたシラビソの森なんで、このルートの様な明るさと爽やかさはないかもしれない。まあ~、考え方次第で本日の転戦も良しとしよう!!
 10分ちょっとで天の河原。ここにはオキナグサが数株自生していたのですが、その形跡をみつけることができず。もしかして、盗掘されちゃったの??。

 天の河原を通過しても、急坂はなく快適な路が続きます。
 20分ほどすると、ベンチにある開けた場所に。
 ここから、前三ッ頭・三ッ頭・権現岳が目線のはるか上に眺めることができます。
 凄く遠くに感じますが・・・
 前三ッ頭までの急登を乗り越えれば、なんとかなるルート。
 (といいながら、この急登で体力をつかい果たしてしまうわけだけど)
210611-070413
 さらに、進んでいくと その壁の様な急登が眼前に。
 標高1900mを超えてたあたりからが本格的な登りとなり、ここから標高差500m近くを一気に登るとことになります。
210611-071355
 標高2000mの指導標を通過。
210611-074424
 2000m指導標から約30分で、「ここが一番きつい」の標識。
 この直登は何度か登っているが、ここで「きつい」と感じたら・・・この後もきつい。
 3年前の夏がそうだった。そして、権現岳は断念して三ッ頭で敗退。
 昨年の9月は、そのリベンジ登山。定年後から走る時間を多くしたことで何とか以前に体力近くまで復活した。そして、今日。
 まだ、余裕あり。 
210611-081150
前三ッ頭がみえてきた。ここで、ひと呼吸の休みをいれる。写真は載せていませんが展望の良い場所。
210611-081702
そして、更に30分登ると前三ッ頭に到着。

 AM8:45   前三ツ頭  
 前三ッ頭でも、標高は2300m超え。今シーズン初めての2000m超えの山。
210611-084443
 富士山展望のお立ち台も健在。ここは、お気に入りの場所で毎回お立ち台写真を撮っている。
 ネっ、良い写真でしょう~♪♪
210611-084641
 南アルプス展望スポットでもあります。
 右手から仙丈ヶ岳、甲斐駒、アサヨ峰を挟んで北岳。
210611-081812
さあ、ここから
 三ッ頭まで、コースタイムで50分。あと、ひと踏ん張り。
210611-084823
ざれた斜面を登る詰めるとシラビソの森の中にはいっていく。それほどの急登ではないにしても、地味な登りが続く。
前方の樹々の隙間から空がみえてくると山を西側に少し巻く道に。
すると、一気に展望が開ける。
編笠山を見下ろす位置まで登ってきました。青年小屋の青い屋根も。
210611-092105
 編笠山の後方地平線には御嶽山。 そして、中央アルプス。
210611-084805
 そして、北アルプスの主役、槍穂の稜線。
 まだまだ、涸沢にも雪が残っています。
210611-092328

 AM 9:27-36   三ツ頭  
 観音平へ下る分岐をやり過ごすと
 出発から約3時間で三ッ頭まで登ってきた。今日も期待通りの展望!!
 毎回、この展望をみせられると(左から、ギボシ、権現、阿弥陀、中岳、赤岳)
 ここで良いんじゃない・・と・・いつも、思ってしまう。
210611-092803
 10分ほどの休憩をとって、権現岳に向かう。
 ・・そして、このあたりから
 脳裏の中で思い出したこと。相方さんの鬼門ルートは、これから先の登り。
 そう、過去2回、この先で足を攣った経験が。そして、それは現実に。
 ↓ 赤岳をバックに笑顔の相方さん。
 この30分後には苦悶の顔に。
210611-093932
三ッ頭からハイマツを抜けてザレ場を鞍部まで下ると苔むした林の中に
そして、再び最初の登りで発見した今シーズン初めてのミヤマキンバイ。
昨シーズンはステイホーム状態だったので久方ぶりです。
210611-095947
カメラを弄っているうちに相方との距離は開いていく。今日は・・調子良いのかな??
この時は、そう思った。
210611-100141
ところが、その先の第二急登斜面を登っている最中に・・・ついにやってしまった。
↓写真の直後。右太ももに痙攣発生。
登山道の傍らに座って、マッサージを繰り返しながら、この後は亀さんが這って歩くような登り。
210611-101330
 最大の難所は、こちらの鎖場。
 ここまで登ったきていたところで最悪のコンディションから回復してきていたので
 なんとか、クリア。
210611-102429
 その後の急斜面も、一歩一歩、足に負荷をかけない様に。
 目指すは、指ハートマークの権現岳山頂。
210611-103051

 AM 10:36-11:45   権現岳 (ランチ)  
 出発から4時間で権現岳へ。今日は、相方の足も今一つなので岩場山頂はパス。
 いつもの権現小屋上のランチスペースへ直接向かう。
210611-103434
 この権現岳稜線には記憶に残るハクサンイチゲの花が咲いています。
210611-103451

 そして、定番スポットに。ここからは権現岳と富士山のツーショットに、
210611-110543
 北側には、南八ヶ岳の峰々を一望できます。
210611-103808
 今日予定していた横岳から三叉峰、石尊峰にかけての稜線。
 この時期には天空のお花畑。明日からは、雨予報が続き今シーズンの訪問は時期を逸してしまったかな。
210611-103815
 そんな景色をみながら食事をしていると
 後方にいた一人の女性から、山の名前を尋ねられた。
 私達の先着だったひとで、山を眺めながら佇んでいた方。
 お話をしていると、ほぼ地元の北斗市の方(以下、北斗さんと仮呼称)。
 自分達は八王子からだと言ったら・・な・なんと、八王子にも十年くらい住んでいたと。
 更に驚くことに、我が地元のご近所さんだったと。
 
 山に登ってくると、色んな人に逢えるんですね~。
 (かつて、キルトをまとった怪しげな私の会社のOBさんにも、この山でであった)。

 そして、ここで一人佇んでいたのには理由があって
FBでのお友達が、今日、硫黄岳山荘から赤岳を超えて権現岳まで登ってくるのを待っていたとのこと。
そんな話をしていると、権現岳からキレット方面にかけられた長いハシゴを登ってくる方を発見。
そう、北斗さんの待ち人の到着でした。この方、近畿からの遠征したとのこと。
朝立ちで、お昼前にこの時間で権現岳まで登ってくるとは
かなりの鬼足の男性でした。 ↓ 北斗さんと記念のショット。
写真 2021-07-04 10 50 36
北斗さんとは、FB友達に登録してもらい
私達は一足先に下山することに。

1時間の昼休み休憩でスッカリ足の状態も回復した相方さん。
この後も、下り足君は元気そのものでした。
210611-120048
三ッ頭を通過し、前三ッ頭。
自分は、この景色が開放感もあり大好きです。
210611-124240

 AM 12:51   前三ツ頭  
 前三ッ頭では、朝には気が付かなかった岩陰にコイワカガミ。
210611-124756
 そして、体力試しの下り道も
 笹道の優しそうな路にみえてくるではないですか。
210611-125949
 ただ、曲者が
 この丸っぽい小石。八ヶ岳が火山帯として活動していた古の時代の噴出物(軽石)なのか、下りでは足がとられます。何度か、イナバウアー状態に。
210611-132027
 麓に下りてくると、朝よりも更に鮮やかなヤマツツジの花。
 今シーズンは、2月に北高尾でみたミツバツツジから、アカヤシオ、シロヤシオ・・そして、ヤマツツジと初春から初夏まで目を楽しませてくれた。
210611-140113

 AM 14:19   天女山上駐車場  
  山頂から約2時間半で駐車場に到着。昨年の秋の権現岳では、膝痛で下りのスピードがあがらず
3時間超える亀下山でしたが、今回は治癒した膝も快調に下りてくることができました。
・・・ただ、これだけが気になりましたが・・。
210611-141551
  山頂でランチを食べているときに気が付いた登山靴の異変。
  なんとか、麓までもってくれました。
  何足か購入した登山靴の2代目。ソールも張り替えたり大事にしていたのですが
  ついにご臨終でした。
 登山を始めて数年にわたって当時は日帰り登山主体の私達のギアとして活躍してくれたヤツでした。
 長い間、ご苦労様!!
210611-142022


目的の山には登れることはできませんでしたが
天候に恵まれ
そして、山頂で新しい山友達もできて
充実した一日でした。


・・・・、
 その後、関東地方も本格的な梅雨シーズンにはいり
 山には一か月近く、ご無沙汰しています。

今週末の天気も☔。 晴れてくれないかな~。

久しぶりの富士五湖山行。
今シーズンの初山行は、御坂山と清八山を廻る御坂山塊の稜線歩き。
未踏エリアの旧御坂峠から清八山を結ぶ線つなぎ目的です。
スクリーンショット 2021-06-20 081823

御坂山・清八山 - 2021年05月30日 [登山・山行記録] - ヤマレコ (yamareco.com)

早朝4時半に河口湖湖畔 大石公園。日の出の写真でも撮ろうと朝早く自宅を出発したのですが、この朝は残念ながら朝焼けとはなりませんでした。
5月末ともあって富士山の雪も随分と解けちゃいましたね。今夏は、富士山は開山するんでしょうか。

210530-043914

 AM5:55   三つ峠山登山口 駐車場  
オルゴール館近くのコンビニで朝食をとって新御坂トンネル入り口の駐車場に到着。
6時前ともあって駐車場第一号と思いきや、すでに3台の車が駐車。日の出時刻も4時半となり
6時は、既に山登りスタートには遅い時刻なのかな。
駐車場の向いが登山口。ここから、旧御坂峠に標高差500mを一気に登るルート。
210530-055325
このルートを登るのは11年前の冬以来の2回目。雪の山行でした。
御坂黒岳 2010.01.17

今回は、登りはじめの杉林の植林地帯をぬけると初夏の緑に覆われた登山道。
急登で息も上がるが緑が眩しく心地よい。
標高差500mは、細かな九十九折れ道の連続で足への負荷は大きくなく一定のペースで登ることができます。
11年前に撮影したポイントが脳裏に。そこでシャッターを押した写真が↓。
210530-065851

そして、11年前の写真。向かって左側の木が同じもの。
人の記憶って、凄い!! これは、偶然なのか・・・デジャブなのか。
スクリーンショット 2021-06-20 084147

この撮影ポイントから少しで御坂山塊稜線に。
210530-070532

 AM7:10   御坂峠  
駐車場から登ること1時間15分で旧御坂峠に。
この峠は、鎌倉往還御坂路のルート上にあって、御坂の名は日本武尊が東国遠征の際に越えたことに由来。ここまでの登山道には石仏や石の道標みたいなものが歴史を感じさせる。
廃墟となった御坂茶屋、どのくらい前まで営業していたんだろうか。
210530-070622
 峠には満開直前の大きなヤマツツジが彩りをそえる。
 ここも、かつては展望の良い峠だったんだろうか。
210530-070646
峠を右折して稜線道を登る。ここからは御坂山までコースタイムで40分。
峠から第一のピークを超すと緩い下り。
そして、再び、登り・・・
210530-072016
すると、突然に鉄塔があらわれ展望がひらける。
210530-072159
ここからの展望は二重丸!!。富士山に少し雲もかかり始めましたが、絶好のビューポイントです。
(電線が邪魔ですが。)
210530-072438
 その鉄塔の坂を登り切り、緩い稜線道を進む。この周辺はブナ林でしょうか?
210530-073248
 こんな、ブナの巨木が。
 ブナの巨木って、樹齢以上にその景観に生命力を感じさせます。
 エネルギーをわけてもらって先に進む。
210530-073635

 AM7:41   御坂山  
 御坂山に到着。旧御坂峠から30分足らず。
緩やかな山頂ですが周囲は新緑におおわれて眺望はありません。
210530-073941
 御坂山からは、急な下り道が続く。ここまで標高を稼いだのに勿体ない気持ちに思うことは毎度のこと。これが稜線縦走の宿命なんで。
210530-074146
 標高さがるとヤマツツジの朱色の花が目立ちます。
 先月には赤や白と咲き誇るアカヤシオやシロヤシオを楽しんだのですが
 新緑の中にポツンと咲く朱色の花も綺麗です。
210530-075036
 天下茶屋方面からの登山者グループとすれ違う。・・、こんなマイナーなルートを歩く人達もいるんだ・・・なんて、他人事の様。とにかく、人の往来の殆どないルートと時間帯。
こんなご時世だから仕方がないよね。

振り返ると、先ほど通過した御坂山らしき山。随分と下ったもんだ。
210530-080238

 AM8:11   御坂峠  
 天下茶屋へ下るポイントが御坂峠。
 この真下を御坂トンネルが通っている。ヤマレコの地名では、ここが御坂峠で私達が登ってきた旧道を旧御坂峠とわけている。
210530-080813

 AM8:44-8:55   八丁峠  
 御坂搭からは急登はなく緩い坂道が続く快適な路です。
 30分ほど進むと再び鉄塔が現れます。道標は見当たらなかったのですが、ここが八丁峠。
 登りだして2時間経過したので、ここの展望ポイントで休憩。
210530-084213
これまで歩いてきた稜線。奥の山が黒岳。その手前が御坂山かな。
富士山には雲がかかってしまいました。
210530-085155
 そして東側には三つ峠山の電波塔。こちらにもガスが掛かりはじめました。
 今日の天気は、午後から下り坂なんでお昼には下山する予定です。
210530-085142
 10分の休憩後、更に進む。
 暫く登り進むと登山道は露岩が多くなり緩い稜線が狭くなってきます。
 この周辺が八丁山。
210530-090607
 この周囲にはミツバツツジも多く咲いていました。今年は、2月に北高尾での初見参いらいミツバツツジは長くみたな~。
210530-085355
 樹林の隙間から、新御坂トンネルから一宮につづく国道を見下ろす。
210530-090917
 国道の傍に、一昨年前まで次男一家と休憩していたお土産屋。
 ここのトウモロコシは美味しかったな。
210530-090927

 AM9:12   女坂峠分岐  
八丁山から女坂峠分岐をやり過ごす。女坂峠へは破線ルートで笹子峠へとつながる。
210530-091241
清八山に近づくと尾根に立派な石垣。こんなとこに、何かあるのか?
建物がたっているわけでもなく、石垣も遺物の様に古いものでもなく不明。
その石垣を巻きながら進むと、
210530-092631
清八山から三つ峠山へのルートに合流。
ここを左折すると清八山。復路は、再び清八山から、この道を下り三つ峠山に進むことになる。
210530-092808

 AM9:37-10:07   清八山  
 清八山に到着!!
 ここでアクシデント!!
 山頂へゴツゴツとした岩をよじ登る最後のひと登りで、頭を岩にぶつけてしまった。
 手で頭をさわると・・・血が・・・。
 幸いにも、擦り傷でコブもできていない。帽子を被っていなかったのが敗因かな。
210530-095341
秀麗富嶽十二景の清八山で、頭の治療をしながらランチ。
意気消沈のお昼ご飯でした。
210530-095211
清八山から黒岳、そして歩いてきた尾根。左手に雲をかぶっている富士山。
210530-095236
 黒岳の北側には尖峰の釈迦が岳。
210530-095456
  約30分のランチ休憩の後に復路へ。
  先ほどの分岐を三つ峠山方面に進むと
  大幡八丁峠。ここで、三つ峠山への登山路から離れて清八林道へ。
210530-100540
この林道歩きで金ヶ窪登山口(かねがくぼとざんぐち) へと下っていきます。
この林道で、アサギマダラを数匹みかけました。
中々、枝にとまってくれなくカメラにおさめることができず残念。
210530-100726

 AM10:40   金ヶ窪登山口  
 三つ峠山へ最短で登れる金ヶ窪登山口。
 駐車場は満車、周囲の車道まで車があふれていました。
210530-103911
さて・・・この駐車場からスタート地点までの車道歩きが長かった。
1時間ちょっとの車道歩きは、さすがに足にきた。
そんなヘロヘロ歩きを見下ろす猿達。山で猿をみたのは針ノ木以来かな。
あの時は、猿の惑星に迷いこんだ様でビビリましたが。
210530-113035
 午後近くになって富士山にかかった雲も更にあつくなり残念な景観。
210530-113144

 AM11:50   三つ峠山登山口 駐車場  
 ゴール間近。稜線の鞍部あたりが旧御坂峠だと思われる。
 それにしても長かったアスファルト道。アスファルトの照り返しも疲れを助長させた様で
 やはり、山道が良いな。
210530-114427


 御坂山塊 線つなぎの山旅
   今回の御坂山・清八山で、御坂山塊で未踏ルートは
   大石峠ー黒岳
   鍵掛峠ー王岳ー女坂峠
   この二区間。

   夏には、しんどくなったので秋以降かな~。


緊急事態宣言・・とても、5/11までに沈静化しないと思っていたけど5月末から更に6月へと。

そんなどうしようも無いときには、一目を避けながら
この5月は、2年前から恒例となった紅花山芍薬の開花調査で、凝りもせず4回も奥高尾を歩いた。
なぜ、開花調査?
  昨年、一昨年と5月3週から4週のかけての開花。今年の桜の開花時期を初めてとし春花は一週間ほど前手繰りで咲いている。これは紅花も・・と気になりだしたら、行動に。

備忘録的にかいたコロナ禍の5月山行記録です。・・・・とかなとかするうちに6月も中盤ですが。

 5月6日(木) 
会社の5月連休は前日の5日まで。
ところが、昨年末にGWはコロナ禍を一段落しているだろうと田舎に帰ることを前提に5/6~5/8まで計画年休としてしまった。長大型連休だったのに・・・。相方は、連休明けの出勤で自宅に独りぼっちいてもしかたないので、紅花山芍薬の成長具合でも確認にと高尾山に。
もうひとつ、新しくできた6号路の木階段と山頂のオリンピックマークシンボルも目的のひとつ。
高尾山山頂の人出は想像したよりも多くなく初めての五輪マークの写真が撮れました。

今日の目的は・・ここでなく奥高尾の秘所。
すると、今回初めて山芍薬の花を観ることができました。その傍らには、一昨年は終盤だったすずむし草も。目的として紅花山芍薬は小さな蕾。山芍薬の開花から約2週間遅れる様なネット記事もありましたが開花時期に気になります。→ そんなことで5月は毎週の様に高尾山に。
写真1

 5月8日(土) 
 今日は、一昨日観た山芍薬の花を相方にもみせようと・・・日影から奥高尾に入山。
 ところが・・白花は落花。芍薬の花の開花は3日間といわれますがタイミングが難しい。
210508-095624

 紅花山芍薬の蕾は、大きな変化なし。
 210508-092832
小仏城山から下山口は大垂水峠。
相模湖発の神奈中バスを復路に利用する計画。
そのルート上で発見したヒメハギ。
210508-110337

そして、大垂水峠近くの沢に
 ゴリを発見。東京にもいるんだ~。
210508-114213

 田舎では、子供たちが夏になると良く捕ったものだ。我が家の息子たちの夏の思い出の一ページ。

大垂水峠 12:01発の神奈中バスで高尾山口に。この日の昼食は、栄茶屋でお蕎麦。
高橋屋の蕎麦も良いけで、こちらも中々のものでした。
210508-122826

 5月9日(日) 
 長い連休も、今日で終わり。
 天気も良かったので、城山湖に車を駐車し
 南高尾山稜にハイキング。フクロウのトーテムポール広場には、休息用のテーブル・ベンチもあり休憩ランチに最適な場所。眺望は無いですが緑の林を吹き抜ける風、小鳥の囀りだけでも気持ちが和みます。今日の目的は、ここでサイコロステーキランチ。
210509-122052

写真 2021-05-09 15 18 51

最後のテント泊は、いつだったろう。はるか昔の様に感じる。
押し入れから取り出したフライパン。久々の出番だ。山で食べる肉は・・・旨いな~。

・・・明日から、仕事だ。

 5月15日(土) 
 この日も、紅花山芍薬調査ハイキング。
 今日のルートは、前回の逆ルート。
 大垂水峠から小仏城山、そして日影に下山。

 京王線ポスター気に入った。花ちゃんから、清原果耶さんへ。高尾スミレのイメージにぴったり。
 高尾山のベストシーズンは春・夏・秋・冬。このキャッチコピー!! 気に入った。
210515-100029
 今日は、高尾山口駅から神奈中バスに。満員御礼。立ったまま、大垂水峠に。マイナーなルートなのに、この乗車率は凄い。

 そして、紅花山芍薬は、少し先端に赤みが。
 開花は・・一週間後とみた。
210515-114816
下山は、日影の破線ルートで。
 黄いちごを食しながら・・
ところが、日影のバス時刻をみて
 残り10分。そこから、山を駆け下りてバス停に。
 このバスを乗り過ごすと、最寄りの駅での乗り換えの関係で一時間以上遅くなる。
 久々に山を走りました。
210515-125416



 5月23日(日) 

 何回か通った5月の紅花山芍薬@奥高尾。
 先週の感じであれば、この日には紅花が開花しているだろうと、山友のめぐみさんご夫婦と
 前回と同じく、大垂水峠から山に入った。

 結果は、若干早かったかな・
 それでも、開花し始めた紅花山芍薬を観ることができた。
 結局、今年の山芍薬は例年よりも数日早いくらいの開花だった。
紅花山芍薬

帰路は、6号路からセッコクの花をみて下山。
やはり、自宅のセッコクと違って
花の勢いが違うな~。
色も薄紫色や、ピンクがかったものもあり美しい
誰にも手出しができない高所。森の神秘の花だ。
スクリーンショット 2021-06-19 093409

 石斛といえば
 この6号路が有名なんだが
 FB情報では
 薬王院参道の天狗腰かけ杉の高所にも、あるようだ。
 来シーズンは、そちらも眺めてみたい。


5月の奥高尾山行
 駆け足で紹介しました。

↑このページのトップヘ